フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

26~28日開花薔薇

Tea Rose [Mme Bravy] マダム・ブラビー
English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
Generosa Rose [Jardins de Viels Maisons] ジャルダン・ド・ヴィール・メゾン
English Rose [Wife of Bath] ワイフ・オブ・バース
English Rose [Emanuel] エマニュエル
Mosse Rose Mme. [Louis Leveque] マダム・ルイ・レヴェック
Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ
Tea Rose [Mrs. Foley Hobbs] ミセス・フォーリー・フォブス
Climbing Rose [Awakening] アウェイクニング
English Rose [Pretty Jessica] プリティー・ジェシカ

26~28日開花薔薇

マダム・ブラビーの柔らかく素敵な色味。
ジュビリー・セレブレーションはこの色で気品があります。
セバスティアン・クナイプのホワイトクリームピンクも美しい。
アウェイクニングのホワイトピンク好きです。


1005261
1005261_2
1005262
1005281
1005271
1005271_2
1005281_2
1005271_3
1005271_4
1005281_3
1005281_4
1005282
1005261_3

2010年5月26日 (水)

24日25日開花薔薇

Early Hybrid Tea Rose [Mme Abel Chatenay] マダム・アベル・シャトネ
Generosa Rose [Martine Guillot] マルティーヌ・ギヨー
China Rose [Hermosa] エルモサ
English Rose [Pretty Jessica] プリティー・ジェシカ
English Rose [Chaucer] チョーサー
English Rose [Emanuel] エマニュエル
English Rose [Cressida] クレシダ
English Rose [Country Living] カントリー・リビング
Gallica Rose [Duchesse de Montebello] ドゥシェス・ドゥ・モンテベロ
Early Hybrid Tea Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
English Rose [Geoff Hamilton] ジェフ・ハミルトン


◎プリティー・ジェシカのこの強い存在感◎
最近のERは繊細な質感と品位など普通に持っている。しかし目に荒々しいジェシカ
のような薔薇には無い。現代のHTの繊細さに較べEarly Hybrid Tea の原石的な質感
と同じ感じか?Early English Roseと言うといいのだろう。
◎エマニュエルの美しさ◎
この画像の花のようにエマニュエルはピンク+アプリコット色がホワイト方向へしかも
クオータードグラデーションで表現される。見る者の目を楽しまさせてくれる。
◎カントリー・リビングの縮れ◎
名がなにか直接過ぎて今一つ。花は内側の花弁が綺麗にたたまれている薔薇が多い中
リビングは縮れなのだ。色味はとても良い。縮れが個性なのだろう。
◎異端児クイーン・ネファティティ◎
色味は素敵な感じがする。花形がぜんぜんまったくER的でないです。
◎ジェフ・ハミルトン◎
24日にお店から新たに届いた花付きの苗

1005251
1005251_2
1005251_3
1005251_4
1005251_5
1005251_6
1005251_7
1005251_8
1005251_9
1005251_10
1005252
1005253
1005251_11

2010年5月23日 (日)

本日の開花薔薇5月23日

English Rose [Pretty Jessica] プリティー・ジェシカ
English Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
Climbing Rose [Awakening] アウェイクニング
Bourbon Rose [Variegata di Bologna] ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
Hybrid Tea Rose [Alphonse Daudet] アルフォンス・ドーデ
English Rose [Emanuel] エマニュエル
English Rose [Tea Clipper] ティー ・クリッパー
Generosa Rose [Martine Guillot] マルティーヌ・ギヨー
English Rose [Cressida] クレシダ
Gallica Rose [Duchesse de Montebello]ドゥシェス・ドゥ・モンテベロ
Hybrid Perpetual Rose [Duke of Wellington] デューク・オブ・ウエリントン

23日本日1日雨。

アルフォンス・ドーデ、マルティーヌ・ギヨー、かろうじて咲く。デューク・オブ・
ウエリントンも咲いてはいるが何か物足りない感じだ。
5月12の?の薔薇はティー ・クリッパーだった。
昨日画像1種不明薔薇付け足し。


1005231_4
1005232_3
1005231_5
1005231_6
1005232_4
1005231_7
1005231_8
1005231_9
1005232_5
1005231_10
1005231_11
1005232_6
1005231_12
1005231_13
1005231_14
1005221_14

本日の開花薔薇5月22日

English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
English Rose [Cressida] クレシダ
English Rose [Evelyn] エヴリン
English Rose [Crocus Rose]クロッカス・ローズ
English Rose [Claire Rose]クレア・ローズ
English Rose [Queen Nefertiti]クイーン・ネファティティ
Damask Rose [Mme. Hardy] マダム・アルディ
Climbing Rose [Colette] コレット
Portland Rose [Yolande d'Aragon] ヨーランドダラゴン
English Rose [Lady of Megginch] レディー・オブ・メギンチ
Mosse Rose [Mme. Louis Leveque] マダム・ルイ・レヴェック
Tea Rose [Mme Maurin] マダム・モーラン
Gallica Rose [Duchesse de Montebello]ドゥシェス・ドゥ・モンテベロ
English Rose [Wife of Bath] ワイフ・オブ・バース

22日、午前中曇り午後雨、夜半は風が伴っていた。
クイーン・ネファティティ、ポンポン咲ながら良い色です。ヨーランドダラゴン、
個性を発揮してます。他の薔薇も総じて最後の枝に付いていた花が咲いてる状態で
春の薔薇の終焉が近い。


1005221
1005221_2
1005222
1005221_3
1005221_4
1005221_5
1005221_6
1005221_7
1005221_8
1005223
1005224
1005221_9
1005221_10
1005221_11
1005221_12
1005221_13

2010年5月22日 (土)

本日の開花薔薇5月21日

English Rose [Heritage] ヘリテージ
English Rose [Evelyn] エヴリン
English Rose [Pretty Jessica] プリティー・ジェシカ
English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
Mosse Rose [Mme. Louis Leveque] マダム・ルイ・レヴェック
Hybrid Perpetual Rose [Black Prince] ブラック・プリンス
English Rose [Lilac Rose ] ライラック・ローズ
Climbing Rose [Cesar] シーザー
English Rose [Lordly Oberon] ロドリーオベロン
Climbing Rose [Awakening] アウェイクニング
Floribunda Rose [Bolero] ボレロ

21日朝曇り濃霧。
●ヘリテージは柔らかい色魅力だな。ピンクから退色するとアプリコット色に寄る のもいい。
●エヴリン、曇りの日は花の質感が生々しい感じだ。
●プリティー・ジェシカ、カップ内の花弁の荒れが魅力。
●ジュビリー・セレブレーション、なんとも言い難い良い色です。
●マダム・ルイ・レヴェック、ミルクピンクな色好きだな。
●ブラック・プリンス 、ダークなレッドは引き締まった美しさがあります。
●ライラック・ローズ、ペールトーンピンクな色良いが大人の色。
●シーザー、華美です。
●ロドリーオベロン、透き通るピンクに柔らかな咲き方が良いです。
●アウェイクニング、ちょっと固い感じですが色が良いです。
●ボレロ、新苗入荷の花です。ERシャリファ・アズマを母に持つ薔薇。来年の春には一人前
のホワイト色のアズマを見れるのか楽しみだ。


1005211
1005212
1005211_2
1005211_3
1005211_4
1005212_2
1005211_5
1005211_6
1005211_7
1005211_8
1005211_9
1005211_10
1005

2010年5月21日 (金)

本日の開花薔薇5月20日

Climbing Rose [Cesar]シーザー
English Rose[Wife of Bath] ワイフ・オブ・バース
English Rose[Evelyn]エブリン
Mosse Rose[Mme. Louis Leveque]マダム・ルイ・レヴェック
English Rose[Heritage ]ヘリテージ
English Rose[Pretty Jessica ]プリティー・ジェシカ
English Rose[Lordly Oberon]ローディ・オベロン
China Rose[Fen Zhang Lou]粉粧楼
Climbing Tea Rose[Souvenir de Madame Leonie Viennot]スヴニール・ドゥ・マダム・レオニー・ヴィエンノ
English Rose[Emanuel]エマニュエル
English Rose[Geoff Hamilton]ジェフ・ハミルトン
        ↓        ↓
English Rose[James Galway]ジェームス・ギャルウェイ


 本日、くもり後晴れの予報だがお昼福岡市内は雨が降った。

●シーザー、買うときのタグの写真はクリ-ムと淡いピンクだった。育てて咲か
せると咲き始めがとんでもなく怖いくらいの色でした。
●ワイフ・オブ・バース朝6時21分の時と8時2分の花。このあたりの時間で急速
に開花が始まる。
●ジェフ・ハミルトン、5月17日、14日、の画像では似てるなギャルウェイに。
今日はそうでなくギャルウェイが似ているのだ。作出時期など考えるとなどと平
和な事を思っていたら……ふと、気づいたのだ。これはタグ違いだろう。どう見
てもジェフ特有のディープカップ咲きではない。我が家に7年前からあるジェーム
ス・ギャルウェイとおなじやん。
 薔薇業界は品種作出、苗木の品質ばかりに力を入れるがタグ違いが多すぎる。こ
こにもっとシビアーになってほしい。それでも「プロ」ですかと思う。ERだと輸
出元のイギリスの品質管理なのだろうか。
 薔薇のタグ違いは我が家では1/30の確率です。他の製品などの一般的なメーカー
ならあり得ない数字ですね。
今までの我が家のタグ違い。
ERトレーバー・グリフィス→ラジオタイム。
マダム・イサーク・ペレール→ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ。
ER○○○○→ダークレディ
買ったお店はそれぞれ異なります。どこも同じ感じです。
今回はかちんと来てます。お店に連絡です。


1005201
1005201_2
1005202
1005201_3
1005201_4
1005201_5
1005201_6
1005201_7
1005201_8
1005201_9
1005201_10
1005201_11
1005202_2

2010年5月19日 (水)

本日の開花薔薇5月19日

English Rose [Heritage] ヘリテイジ
Hybrid Perpetual Rose [Souv. du Docteur Jamain]スヴェニール・ド・ドクトル・ジャメ
Mosse Rose [Mme. Louis Leveque]マダム・ルイ・レベック
English Rose [Lordly Oberon]ロドリー・オベロン

今朝、雨。
雨で一気に花が散って春の薔薇も終焉に向かいつつあることが分かる。
雨の中では表情の良い花は少ない。画像もぱっとしない。
明日にはまた天気は戻るだろう。


1005191
1005191_2
1005191_3
1005191_4

2010年5月18日 (火)

本日の開花薔薇5月18日

English Rose [Emanuel] エマニュエル
English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
English Rose [Pretty Jessica] プリティー・ジェシカ
English Rose [Strawberry Hill] ストロベリー・ヒル
English Rose [Pat Austin] パット・オースチン
English Rose [Cressida] クレシダ
English Rose [Crown Princess Margareta] クラウン・プリンセス・マルガリータ
Noisette Rose [Sinnderera] シンデレラ
Bourbon Rose [Boule de Neige] ブール・ド・ネージュ
English Rose [Graham Thomas] グラハム・トーマス
Climbing Rose [Colette] コレット
Hybrid Musk Rose [Inspektor Blohm] インスペクターブローム


本日朝曇り午後から雨の予報。

●エマニュエル。花弁がまだたたまれている状態。咲き始めのオレンジアプリの色。
曇りの朝の眠い感じととろーんした空気感。なんだかやっぱり良い薔薇だと感じる。
●ジュビリー・セレブレーション、開き初めです。ふんわりした光に濃厚なピンク
が素敵な薔薇です。●プリティー・ジェシカ、かわいいデープなカップとピンクの
グラデーションで魅力を見せています。●ストロベリー・ヒル、わりと鈍いピンク
で始まるんですねこの薔薇は。●パット・オースチン、花はかなり幼い咲き方です
がこの濃厚な色は個性的。● クレシダ、曇りの日はさらに柔らかなアプリコットピ
ンク色で見せてくれます。●クラウン・プリンセス・マルガリータ、半熟目玉焼き
色で好きです。●シンデレラようやく咲き始めました。できればもう少し大きけれ
ばいいんですが。●ブール・ド・ネージュこの花も可愛くて良いのですが小さいで
すね。●グラハム・トーマス、退色しても良い色になる薔薇です。●コレット、色、
花弁の質感は個性あります。花弁は固い感じです。●インスペクターブローム、ゆ
るい感じの小さな薔薇です。


1005181
1005181_2
1005182
1005181_3
1005182_2
1005181_4
1005181_5
1005181_6
1005181_7
1005181_8
1005181_9
100518
1005181_10
1005181_11

本日の開花薔薇5月17日

Generosa Rose[Versigny]ベルシーニ
English Rose[Jude the Obscure]ジュード・ジ・オブスキュー
English Rose[Evelyn]エブリン
English Rose[Mary Magdalene]メアリ・マグダレン
English Rose[Strawberry Hill]ストロベリー・ヒル
Climbing Tea Rose[Souvenir de Madame Leonie Viennot]スヴニール・ドゥ・マダム・レオニー・ヴィエンノ
Climbing Rose[Colette]コレット
English Rose[Claire Rose]クレア・ローズ
English Rose[Crocus Rose]クロッカス・ローズ
English Rose[Cressida]クレシダ
China Rose[Fen Zhang Lou]粉粧楼
Portland Rose[Comte de Chambord]コーント・ドゥ・シャンボール
English Rose[Queen Nefertiti]クイーン・ネファティティ
English Rose[Emanuel]エマニュエル
English Rose[James Galway]ジェームス・ギャルウェイ
English Rose[Lichfield Adgel]リッチフィールド・エンジェル
Gallica Rose[Duchesse de Montebello]ドゥシェス・ドゥ・モンテベロ
Climbing Tea Rose[Mme Jules Gravereaux]マダム・ジュール・グラヴロー
Climbing Rose[Awakening]アウェイクニング
English Rose[Geoff Hamilton]ジェフ・ハミルトン

本日晴れ。気温は予想は27°なのだそうだ。室内は暑い感じはしなかった。

●ベルシーニは初夏の雰囲気●ジュード・ジ・オブスキュー、写真写りが良いです。
●エブリンもみずみずしい感じが良い。●メアリ・マグダレン。パッと開いてパッ
と終わる花開いた瞬間は良い表情です。●ストロベリー・ヒル濃厚なストロベリー色
かな。●スヴニール・ドゥ・マダム・レオニー・ヴィエンノそろそろ終焉です。
●コレット、クライマーですがいつも60cmの不調株。●クレア・ローズ、良い形と
色最高です。●クロッカス・ローズ毎日毎日新しく開きます。●クレシダも毎日が楽
しみな薔薇。●粉粧楼ようやくまともに開花。●コーント・ドゥ・シャンボール毎年
一枝だけの株。それでも花は付けます。●クイーン・ネファティティ優しい色になっ
てきました。平たく見えてもポンポン咲です。●エマニュエル咲き始めのオレンジは
さっと消えて青味系のピンクがきれいです。●ジェームス・ギャルウェイ不思議なフ
リル花です。(昨日の画像あり)●ジェームス・ギャルウェイ、開ききると形が単調。
気温が低いと良い薔薇かもしれない。●ドゥシェス・ドゥ・モンテベロいつも決まっ
た形です。●マダム・ジュール・グラヴローこの株もいつも不調。●アウェイクニン
グ今年は絶不調。●ジェフ・ハミルトンERでは不思議な花です。


1005171
1005171_2
1005171_3
1005171_4
1005171_5
1005172
1005171_6
1005171_7
1005172_2
1005171_8
1005172_3
1015171
1005171_9
1005172_4
1005171_10
1005171_11
1005171_12
1005172_5
1005171_13
1005172_6
1005161
1005162
1005171_14
1005171_15
1005172_7
1005171_16
1005172_8
1005171_17
1005171_18
1005171_19

2010年5月16日 (日)

本日の開花薔薇5月16日

Portland Rose [Yolande d'Aragon] ヨーランドダラゴン
English Rose [Wife of Bath] ワイフ・オブ・バース
English Rose [Crocus Rose] クロッカス・ローズ
English Rose [Evelyn] エヴリン
English Rose [Lady of Megginch] レディー・オブ・メギンチ
English Rose [Claire Rose] クレア・ローズ
English Rose [Emanuel] エマニュエル
English Rose [Pretty Jessica ] プリティー・ジェシカ
English Rose [Cressida] クレシダ
English Rose [Jude the Obscure] ジュード・ジ・オブスキュー
Hybrid Perpetual Rose [La Reine] ラ・レーヌ
Generosa Rose [Florence Delattre] フローレンス・ディラットレ
English Rose [The Fraiar] ザ・フライアー
Bourbon Rose [Variegata di Bologna] ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
Mosse Rose [Mme. Louis Leveque] マダム・ルイ・レヴェック
Generosa Rose [Versigny] ベルシーニ
English Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
English Rose [Strawberry Hill] ストロベリー・ヒル
English Rose [Lordly Oberon] ロドリーオベロン
Bourbon Rose [Souv. de la Malmaison] スヴェニール・ド・マルメゾン
Tea Rose [Mrs. Foley Hobbs] ミセス・フォーリー・フォブス

今日も晴れ。暑いくらいの気温。しかし朝から喉がガラガラ声。風邪のようだ。

●ヨーランドダラゴン、色が……。若々しい葉の緑に花弁外のピンクと内側の濃いピンク
の組み合わせは、妖艶毒の薔薇。爽やか好きの私には合わないと思うのですがなぜか引か
れます。
●ワイフ・オブ・バース、こちらはピンクの濃淡があっても爽やか。
●クロッカス・ローズ、よーく頑張って咲いてくれています。
●エブリン、シャローカップの特徴を魅力として発揮してます。
●レディー・オブ・メギンチ、昨日の花開きました。
●クレア・ローズ、数年ぶりです。2代目。このフェイス久しぶりに再会です。ホワイトピ
ンクは美しい。
●エマニュエル、昨日とあまり変化無し。開花がゆっくりです。
●プリティー・ジェシカ。明快なピンクで魅力的なデープカップ咲。
●クレシダ、アプリコット色でいつ見ても清々しく感じさせるデープカップ咲の薔薇。
●苦節5年、ほんとに「こんにちは」ですね。しかもこんな素敵なフェイスと香り。
●ラ・レーヌ、超デープカップな薔薇。私は写真を撮りにくい薔薇に1つです。3D写真な
ら立体の美しさを見せられるかも。
●フローレンス・ディラットレ、画像クリックする前の大きさが実物くらいで小さいです。
●ザ・フライアー、初期のERらしいゆるゆる花弁の薔薇。そのゆるゆるがわりと大きい花
であっても写真にすると小さい薔薇のように見えてしまう薔薇です。
●ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの絞りは良いですね。
●マダム・ルイ・レヴェックは咲いてる途中までは良い形なのに開ききるとボワボワで惜
しいな。
●ベルシーニ、ジェネロサローズが日本解禁になったときリキエル、ボキュースとともに
御三家的な薔薇の1つだったような気がします。咲き始めの焼け付くような色合いは個性
的。開ききるとある程度落ち着くかな。
●クイーン・ネファティティ、これERですか?てな花ですね。異端児ですね。色の変化が
季節によって大きい薔薇です。
●ストロベリー・ヒル、ようやく ら し く なってきて満足ほっとしている。
●ロドリーオベロン、開ききってもいい感じの色ですね。
●ミセス・フォーリー・フォブス、なんだかよく分からない薔薇です。色は良いです。

庭の薔薇はほんとに今がピークだと思う。
今週も土日が晴れで本当に良かった。


1005161
1005161_2
1005162
1005161_3
1005162_2
1005163
1005161_4
1005162_3
1005163_2
1005164
1005161_5
1005161_6
1005161_7
1005161_8
1005162_4
1005163_3
1005161_9
1005162_5
1005161_10
1005162_6
1005163_4
1005161_11
1005161_12
1005162_7
1005161_13
1005161_14
1005161_15
1005161_16
1005162_8
1005161_17
1005162_9
1005161_18
1005161_19
1005161_20