フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

18日~25日の開花薔薇

Generosa Rose [Paul Bocuse] ポール・ボキュース
Species Rose [Stanwell Perpetual] スタンウエル・パーペチュアル
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
Hybrid Perpetual Rose [Paul's Early Blush] ポールズ・アーリー・ブラッシュ
Noisette Rose [Mme. Alfred de Rougement] マダム・アルフレッド・ルージュモン
Modern Shurub Rose [Boule d'Abricot] ブルー・ダ・ブリコ
Climbing Tea Rose [Souvenir de Madame Leonie Viennot] スヴニール・ドゥ・マダム・レオニー・ヴィエンノ
English Rose [Emanuel] エマニュエル
Generosa Rose [Florence Delattre]フローレンス・ディラットレ
Hybrid Tea Rose [Alphonse Daudet] アルフォンス・ドーデ
Hybrid Perpetual Rose [Duke of Edinburgh] デューク・オブ・エディンバラ
Hybrid Musk Roses [Inspektor Blohm] インスペクターブローム
English Rose [Sharifa Asma] シャリファ・アズマ
English Rose [Strawberry Hill] ストロベリー・ヒル
English Rose [Claire Rose] クレア・ローズ
Early Hybrid Tea Rose[Mme Abel Chatenay] マダム・アベル・シャトネ
Climbing Rose [Cesar] シーザー
Tea Rose [Mme Maurin] マダム・モーラン

18日~25日の開花薔薇。

もう、気温の上昇とともに一人前な5月の花のようなものはない。
半人前な花でそれぞれに咲いていた。


1006231
100623
1006181
1006231_2
1006241
1006211
1006231_3
1006201
1006231_4
1006181_2
1006182
1006241_2
1006241_3
1006242
1006231_5
1006241_4
1006242_2
1006251
1006251_2
1006241_5
1006241_6
1006231_6
1006251_3

2010年6月18日 (金)

16日17日開花薔薇

Tea Rose [Mme Maurin] マダム・モーラン
English Rose [Graham Thomas] グラハム・トーマス 
English Rose [Jude the Obscure ] ジュード・ジ・オブスキュー
Generosa Rose [Paul Bocuse] ポール・ボキュース
English Rose [Emanuel] エマニュエル
Climbing Tea Rose [Souvenir de Madame Leonie Viennot] スヴニール・ドゥ・マダム・レオニー・ヴィエン

English Rose [Cymbeline] シンベリン
English Rose [Pretty Jessica] プリティー・ジェシカ

16、17日梅雨の中休み。
●マダム・モーランが咲いている。マダム・ブラビーとははっきり花の
形が違う感じだ。枝代わりという感じがしない。色味はこちらも負けじ
と良い色だ、ティーでカップに咲くところも良い。さらに30°近い気温
でも開ききらないで見栄えを保つ素敵な薔薇。
●グラハム・トーマス。イエローという色があらためて美しい色だと再
認識させる薔薇。
● ジュード・ジ・オブスキュー 。今年は2番花まで見せてくれる。5年目
の完全復活。
● エマニュエル 。ホワイト・ピンク・イエローブレンドを美しく見せて
くれます。
●スヴニール・ドゥ・マダム・レオニー・ヴィエンノの2番花


1006171
1006172
1006173
1006174
1006175
1006171_2
1006171_3
1006171_4
1006171_5
1006172_2
1006173_2
1006174_2
1006171_6
1006171_7
1006171_8

2010年6月13日 (日)

10〜13日開花薔薇

Generosa Rose [Versigny] ベルシーニ
English Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
English Rose [Strawberry Hill] ストロベリー・ヒル
Early Hybrid Tea Rose [Beales Antoine Rivoire] ビールズ・アントワーヌ・リヴワール
English Rose [Carding Mill] カーディング・ミル
English Rose [Cymbeline] シンベリン
Modern Shurub Rose [Boule d'Abricot] ブルー・ダ・ブリコ
Tea Rose [Mme Maurin] マダム・モーラン
English Rose [Graham Thomas] グラハム・トーマス
English Rose [Claire Rose] クレア・ローズ


ベルシーニはよーく咲いてくれました。
ネファティティまだまだ咲続けます。
カーディング・ミル、朝と夕で退色で変わります。

1006101
1006111
1006121
1006102
1006112
1006122
1006103
1006104
1006131

1006101_2

1006111_2

1006112_2

1006121_2

1006101_3

1006121_3

1006111_3

1006111_4

1006101_4

1006131_2

1006132

1006101_5

1006131_3

1006131_4

1006131_5

1006131_6

1006131_7

2010年6月10日 (木)

6日〜9日開花薔薇

Tea Rose [Mlle.Franziska Kruger] マドモワゼル・フランチェスカ・クリューガー
English Rose [Cymbeline ] シンベリン
English Rose [Emanuel] エマニュエル
Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ
Generosa Rose [Versigny] ベルシーニ
Early Hybrid Tea Rose[ Mme Abel Chatenay] マダム・アベル・シャトネ
Tea Rose [Francis Dubreuil ]フランシス・デュブリュイ
English Rose [Country Living] カントリー・リビング
English Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
English Rose [Sharifa Asma] シャリファ・アズマ
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
Early Hybrid Tea Rose [Beales Antoine Rivoire] ビールズ・アントワーヌ・リヴワール
Bourbon Rose [Comtesse de Barbentane] コンテス・ドゥ・バルバンターヌ
F&G Rose [みさき]

6月6日~9日

クリューガー はいつも良い色だ。
クナイプの色々な表情を満喫できた春の花だった。(クナイプ画像9日は→7日の間違い )
シンベリン は発色を楽しめそうな予感をさせる薔薇。
エマニュエルは退色で楽しめる。
ネファティティ、えもいわぬ色だ。
シャリファ、これも色が魅力だ。
リヴワール 、ふむふむ、ふむふむ。
みさき、どうなんだろうか?


1006091

1006072

1006071

1006081

1006082

1006061

1006071_2

1006091_2

1005071

1005072

1005073

1005074

1005075

1006081_2

1006082_2

1006083

1006081_3

1006091_3

1006091_4

1006091_5

1006061_2

1006081_4

1006082_3

1006081_5

1006091_6

1006081_6

1006091_7

1006081_7

10006061

2010年6月 5日 (土)

6月3〜5日の開花薔薇

Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ
English Rose [Cymbeline] シンベリン
English Rose [Country Living] カントリー・リビング
English Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
Early Hybrid Tea Rose [Beales Antoine Rivoire] ビールズ・アントワーヌ・リヴワール
China Rose [Hermosa] ヘルモサ


3日(木)~5日(土)花が付いている株はかなり少なくなった。
花も幼い咲き方になってきている。

セバスティアン・クナイプが最も旬。
房咲きに4日と5日で雰囲気が変わる。個人的に4日くらいの開ききる直前
が素敵なのだ。
5日の房咲画像の右中央の2輪をそれぞれアップ、美しいです。
更に中央部のクローズアップで薔薇の花弁と朝の光の織りなす芸術的とも思え
る美しさが見えます。香りの濃さはまずまず。やはり2代目を今年購入したこ
とは正解だったと感じる。もしまた枯れることがあっても3代目4代目をきっと
育てるだろう。

シンベリン、まじまじと見るとペ-ルトーンホワイトにパウダーパープルがほ
んのり混じる美しい色の薔薇だ。

カントリー・リビング春の最後の花。気温の暑さで珍しくカップがやや浅めだ。
淡い色と縮れの織りなすこの花は爽やかさがある。

クイーン・ネファティティ、全くご苦労様です。厳しく言えばだらだら咲。
良く言えばいつも花を付けている優等生。我が家の低レベルの育て方では
全て良い感じでとらえます。

ジュビリー・セレブレーション春の花の終焉。美しかったです。
今秋も宜しく期待します。

ビールズ・アントワーヌ・リヴワール。うん~んんん。ちょっとてな感じです。
いまのところは。

ヘルモサ。色が綺麗なチャイナですね。これも今春最後の花です。


1006044

1006052

1006056

1006055

1006057

1006053

1006031

1006051

1006052_2

1006041

10006051

1006032

1006031_2

1006051_2

1006052_3

1006031_3

1006031_4

2010年6月 2日 (水)

本日の開花薔薇6月2日

English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ
Generosa Rose [Orsola Spinola] オルソーラ・スピノーラ
English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
Generosa Rose [Florence Delattre] フローレンス・ディラットレ
English Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
English Rose [Geoff Hamilton] ジェフ・ハミルトン
Bourbon Rose [Comtesse de Barbentane] コンテス・ドゥ・バルバンターヌ
Early Hybrid Tea Rose [Beales Antoine Rivoire ] ビールズ・アントワーヌ・リヴワール
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
Early Hybrid Tea Rose [Mme JP Soupert ] マダム・J・P・スペール


昨日雷夕立はあったが6時15分起床、灌水行う。

4連画像は飽きそうだが行ってみる。
朝日の中の夢の薔薇ジュビリー・セレブレーション 。美しさにむせびそうです。
セバスティアン・クナイプ今日も美ししいです。スイーツ菓子のようなオルソー
ラ・スピノーラ。退色したうすーい色も素敵なアンブリッジ・ローズ。
色がちょっと高貴なフローレンス・ディラットレ。今日も咲きますクイーン・ネ
ファティティ。ジェフ・ハミルトンいい感じで上がってきました。ホワイトピン
クもうそれだけで美しいコンテス・ドゥ・バルバンターヌ。さあ、さあ、これか
らどうなるんでしょうね?ビールズ・アントワーヌ・リヴワール。マダム・J・
P・スペール、こういう形なら満足。


1006021

1006022

1006023

1006024

1006021_2

1006021_3

10060212

1006021_4

1006021_5

1006021_6

1006021_7

1006021_8

1006021_9

1006021_10

1006021_11

2010年6月 1日 (火)

6月1日の開花薔薇

Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ
English Rose [Country Living] カントリー・リビング
Floribunda Rose [Macmillan Nurse] マクミラン・ナース
Bourbon Rose [Louise Odier] ルイーズ・オディエ
Portland Rose [Comte de Chambord] コーント・ドゥ・シャンボール
Tea Rose [Francis Dubreuil ] フランシス・デュブリュイ
English Rose [Queen Nefertiti] クイーン・ネファティティ
Climbing Tea Rose [Adam] アダム


6時15分起床、灌水。晴れ
◎ セバスティアン・クナイプ画像1、楽しみな惑星6ヶを従えて開花開始。
画像2 のこちらは6ヶ房咲きまっただ中…の直前か。画像3はその中から1
つをクローズアップ。息を呑むほどに美しいのだこの薔薇は。
◎ 前日からカントリー・リビングがピークを迎えている。この縮れは天パ
ー薔薇ですかね。色味が綺麗な薔薇。
◎マクミラン・ナース の2番花。◎ルイーズ・オディエ、コーント・ドゥ
・シャンボールも万年不調株ながらも咲いてます。クイーン・ネファティ
ティはしぶとく咲続ける薔薇。

※新苗のボレロに2つめの花が咲いていた、未熟な花で写真にはならず。
しかし香りはどっこい親のシャリファに負けてない。

勤め人が薔薇を育てていると感じること。
当たり前に休日しか生の薔薇を楽しめない。朝の灌水時にぱっぱっと見れる
くらいだろうか。夜帰宅して懐中電灯で見ても楽しくない。ああ悲しい。
結局のところ、朝、写真を撮って深夜にそれを眺め楽しんでいるのが現状だ。
しかし、画像から香りはだだよってはこんのだな。しかも2次元の平面。
でも暇がありすぎると薔薇育ててないのかもしれないな。

1006011

1006012

1006013

1006011_2

1006012_2

1006013_2

1006011_3

1006011_4

1006011_5

1006011_6

1006011_7

1006012_3

30、31日の開花薔薇

Bourbon Rose [Variegata di Bologna] ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
English Rose [Country Living] カントリー・リビング
Climbing Rose [Awakening] アウェイクニング
Generosa Rose [Florence Delattre] フローレンス・ディラットレ
English Rose [Lilac Rose] ライラック・ローズ
Bourbon Rose [Comtesse de Barbentane] コンテス・ドゥ・バルバンターヌ
English Rose [Pretty Jessica] プリティー・ジェシカ
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
English Rose [James Galway] ジェームス・ギャルウェイ


◎ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ、時に恐い感じもする薔薇です。
◎カントリー・リビングの縮れ花弁は必ずこうなります。
◎コンテス・ドゥ・バルバンターヌの2番花
◎ジュビリー・セレブレーション花径11cmくらい。開ききった姿。
◎ジェームス・ギャルウェイ 花弁枚数で最高峰の薔薇です。


1005301
1005311
1005312
1005311_2
1005311_3
1005311_4
1005311_5
1005312_2
1005311_6
1005311_7
1005311_8
1005311_9
1005312_3