フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 9月14・16日の開花薔薇 | メイン | 9月18日開花薔薇と光のフック »

2010年9月17日 (金)

本日1つの事件有り。

本日1つの事件有り。

丁度お昼のこと。それは、光ケーブル取り付け工事の業者が我が家に来て
「強力なフックを電気屋かこの家のハウスメーカーに依頼して、ここかあ
そこに付けてください」。付いたらまた御連絡下さい。後日工事に来ます。
と言って帰っていかれる。「光」開通はあっさり、ほんとにあっさり今日
ではなくなってしまった。せっかく休みを取ったのに……。

勧められたのは3番のケーブルの引き方。
しかし家を顔に例えると眉間に傷で早乙女主水之介のような。
ちなみに1番は電気。2番は電話。
やはり4番位置でないといけないと思う。
100917


これで私の今日の休みはほぼ無意味になった気がした。

木造などではピス止めフックで済むようですが、我が家はケーブルが長く
なるようでコンクリート用ドリルなど持ち合わせが無い。強力なアンカー
ボルト止めフックが必要の事だそうです。

さっそくハウスメーカーに連絡。A氏に強力なアンカーボルト止めフック取
り付け依頼。光ケーブルでそんな前例はないと。ぜひN○T担当者にお話を
聞きたいとのこと。ただしリフォーム担当はB氏で16時に戻るとのこと。

プロバイダのC氏に本日PC設定の人は今日は不要の連絡とその理由の工事
が出来なかった経緯を連絡。それは変ですねN○Tに問い合わせてみるとの
こと。

カメラ屋にステレオ写真現像フィルムを撮りに行く。そこでプロバイダD氏
より工事担当者から連絡入れるようしますと連絡入る。工事担当者とは話は
付いているので不要と答える。それよりN○Tの見解を聞きたいのだ私は。

車の中で鼻柱に眼鏡が痛く当たる感じがした。鼻当て片方が取れてしまって
いる。帰りにこの眼鏡を作ったお店によって修理を……。部品取り寄せで3日
程だそうだ。ちょっと変わっているとだいたいこうなってしまうのだ。

N○Tに連絡を入れる。担当者F氏に経緯をお話しする。プロバイダ窓口担当
者Gより連絡させますとのこと。

プロバイダ窓口担当者Gさんから工事内容と今後の方法を考えるとのこと。ハ
ウスメーカーにも連絡してみるとのこと。ここでフックの型番などの話も出た
が、それは違うだろう。そこまで分かってる業者ならさっさと付けてるだろう。
フックが付いた暁には私はどこのだれに連絡すれば良いのか聞いた。

ハウスメーカーに連絡。B氏がおられた。一通りお話しする。私は家のこの部
分に強固なフックを付けてくれればもうそれでいいのです。
我が家の建築に携わった電気工事屋から連絡させるとのことで……。

今日の工事の方から連絡いただく。工事の方とは話は付いてるのにN○T側から
お客様が内容の確認でとのことで。話が複雑になってしまった。
とにかくフックが付き終わったらN○Tに連絡しますのでまたよろしくと答える。

ハウスメーカーB氏から、電気屋さんから19時頃連絡が行くようになってると連
絡はいる。

もう日が陰ってきた。
今日が終わりに近づいてきた。
「光」にすることはなんだかたいへんなのだ。

なんだか嫌な予感が。
フックを取り付ける位置が地上から6mくらいの高さでその位置まで何もない絶
壁なのだ。どうやって取り付けるんだろう。なんだかフック1つに凄い金額に
……あまり素人は考えないことにしよう。

19:15にこちらから電気屋に連絡を入れる。「今お電話かけるところでした」と
のお返事。明日早く電話してどうするか決めましょうと言うことになりました。
やっと一筋の光が見えた感じが……。

娘が帰宅する。かみさんが、まだ繋がってないことを話す。
それほどがっかりもしていなかった。

かみさんに、眼鏡のココ見て落としたみたいだ?

あ、それ2階に落ちてたよ……。早速ラジオペンチで取り付け一件落着。
お店に届いたら新品とまた取り替えるのですが。

なにか疲れる日だった。
人はそれぞれ立場や思惑や興味などがある。
物事はシンプルにできるだけ一直線に考えないと複雑になりなにがなん
だか分からなくなりそうになる事をちょっとだけ学べたような日だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/490712/25072673

本日1つの事件有り。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿