フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

FIAT500で夕方のお買い物?

かみさんとFIAT500で夕方のお買い物へ行く。

Fiat1010301


横見の姿もかわいい。小さいながら存在感があります。

Fiat1010302


ところでこの小さな車の足下はこんな感じなのだ。

Fiat5001

ごらんのような幅がめっちゃ狭いのです。
車と同じイタリアンな細く長い靴ならさほど問題ないでのでしょうが、
車に似合いません。このスペインのカンペールのドタッとまあるい靴が
合っているのです。


で、クラッチとアクセルペダルに足を乗せてみます。

Fiat5002

狭さが分かりますね。
ブレーキ踏むときコレでは靴がひっかかりそうです。


ですのでこうやってがに股スタイルでブレーキペダルへ……。

Fiat5003


ブレーキペダル踏み込むとアクセルペダルも同時に踏みそうですが、
アクセルに届く前にブレーキ踏み込みストロークが終点になりますの
で一応大丈夫です。

Fiat5004


がに股をしない方法は足を縮める(引く)方法もあります。

Fiat5005


この狭い足下でオートマでないマニアル操作は操作すること自体が
一定の技術を要するのかもですね。

10月26〜30日開花薔薇画像

English Rose[Charles Austin] チャールズ・オースチン
English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
English Rose [Evelyn] エヴリン
Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ
Bourbon Rose[Boule de Neige] ブール・ド・ネージュ
Portland Rose [Yolande d'Aragon] ヨーランドダラゴン
Tea Rose[Perle des Jardins] ペルル・デ・ジャルダン
English Rose[The Fraiar]ザ・フライアー
English Rose[Lilac Rose] ライラック・ローズ
Early Hybrid Tea Rose[Augustine Guinosseau]オーギュスティーヌ・ギノワソー


10月26〜30日開花薔薇
今秋はやはり開花は駄目そうだ。
ほとんどがお休み状態でこのまま冬になり、なにも無く秋が
終わりそうな感じがする。
チャールズとアンブリッジがかろうじていい感じだ。

1010301


1010302


1010301_2


1010301_3


1010302_2


1010271


1010271_2


1010281


1010281_2


1010281_3


1010281_4


1010261


1010261_2


27日のネクタイと…。

101027


赤と緑のネクタイは約30年近い昔に大好きだった「エーボンハウス」で買ったもの。
紫はその後買った物だがこのバーバリーのものは色以外全く同じ物である。
別のもので、このほかにもいくつかのブランドで色違いの同じタイを持っている。
パターンはどこかで使い回しなのだと気付いたのでした。

2010年10月24日 (日)

FIAT500は日に2度もJAFのお世話になった。

本日かみさん用の新FIAT500で知人宅へ。
お留守なので帰ろうと車のキーを回してもうんともすんともだった。
車やさんに連絡。おそらくバッテリーだろうとのこと。
JAFに連絡20分くらいで来てくれた。
バッテリーにチャージをつないであっさりエンジン始動。
バッテリーへたりで充電能力も著しく低い状態だそうだ。
最近の車は予告なくいきなりこうなるものが多いそうだ。
むかしだっらエンジンがかかりにくいなど予兆があったのだ。
このままのって車屋に行ってバッテリーを新しいのに替えてくださいとのこと。

そして10分後の画像。
あちゃー、交差点右折ゾーンでストップ。
まったくエンジンどころか何の反応もない鉄の塊状態に……。
雨足は今日一番の激しさを増してきたのだった。
再びJAF依頼。

5001010241


20分後、再度JAF到着。これから牽引されます。
私の旧FIAT500ならこんな光景も覚悟や想定もしていたが、新車で買った
かみさん用の新FIAT500で経験するとはわからないものだ。

JAFの作業のかたご苦労様です。感謝です。

5001010241_2


車やさん「トリミ」へ到着。
トリミさんところの同じ車も先日やはり同じ状態になりバッテリーを替えたそうです。
一年間に1万キロ以上走って2年半でバッテリーが使い物にならなくなるのはあちらも
ののバッテリー性能なのだろうか?
とにかく最近いろんなものが「故障・こわれ」が続く。

5001010241_3

お店のブログにも……。
http://ameblo.jp/cstorimi/day-20101024.html

壊れたボールペン。

今日、2色(黒・赤)ボールペン+シャープペンシル=「シャーボ」の赤と黒のイン
ク芯を買いに行った。
お店の人に型番コレですと……面倒なのでいつもと違い赤2ヶ黒2ヶ余分に買った。
赤のインク芯緩いのだ落ちて来るのだ。この型はインク芯が金属でビニールでない
ぶんこんな事が起こるにだ。
仕方なくボールペン雌側の金属管をラジオペンチで少し潰しきつくした。
これでちょうど良く芯が落ちてこなくなった。しかしペン軸が出過ぎなのでもう少
し力を加え押し込んでみた……これがいけなかった。ねじると赤さらにねじると黒、
逆にねじるとシャープペンなのだがねじれなくなった。無理にねじってもねじれる
のだがなにもでてこないのだ。メカ部が昇天してしまった。
毎朝電車の中で仕事の赤チェック、業務中もこれで赤チェックをしてきたのだ。
残念。

1010231_12


材質はSILVER925と刻印がある。
予備として芯以外は同一デザインの革巻きとステンレスタイプのを持っているの
でそれに切り替えるしかないか?
替え芯をわざわざ2セット買ったりするからすべてが裏目になるのだ。
革巻きとステンレスの型は同デザインでも芯だけは型番がちがって使えんのだ。

3年ほど使ったかな、それまではボールペンは2千円くらいだせば立派な物が……
しかし色が禿げてきたり、金メッキが剥がれてきたりで永く使えないのだ。でシ
ルバーならと思った。使い込んでも鈍い光沢が味わいになり手が触れないところは適
度に黒ずんでいい感じだったので残念だ。

1010232_3

FIAT500のカーステレオ交換パート3

CDで聴くMP3とシンプルデザインにこだわり、また性懲りもなく中古を入手。
画像下のものへ取り替え。
1010230


結局これだけの数、替えてきたのだ。まちがってもコレクションではない。
まともに使えるのに当たらないのだ。
まるで人生のよ……。

結局これも駄目だったのだ!鬼門だ!だんだん心が病んでくる。

1010231_11


ずっと探していたコレを入手したのだ。
めったに出てこないのだ。FIAT500のF型やL型に乗ってる人は初めから左の
メッキリングで私のR型は右の地味〜な黒のプラスティック。
最後期型のRは後継車種が登場していたのである意味引き立て役運命だったのだ。
でとにかく安価にするためにいたるところアルミやスチールメッキ部をプラスチ
ック化されてしまっているのだ。寂しいです。

1


これがR型の黒プラスチックリングのヘッドライトスイッチ。
地味ですね。

2


これがメッキリングに替えたワイパースイッチ。
輝きがでて別嬪さんに変わりますね。

3


なんか清潔感も加わりいい感じだ。

5


離れてみてもキラキラで満足なのだ。

101023

10月23日開花薔薇画像

Tea Rose[Mlle.Franziska Kruger] マドモワゼル・フランチェスカ・クリューガー
Tea Rose [Perle des Jardins] ペルル・デ・ジャルダン
Generosa Rose [Sonia Rykiel] ソニア・リキエル
English Rose[Charles Austin ] チャールズ・オースチン
Generosa Rose[Jardins de Viels Maisons] ジャルダン・ド・ヴィール・メゾン


10月23日開花薔薇画像
マドモワゼル・フランチェスカ・クリューガーさらにゴージャスな花に。

1010231_6


1010232_2


1010231_7


1010231_8


1010231_9


1010231_10

2010年10月23日 (土)

10月19〜22日開花薔薇画像

Tea Rose [Mlle.Franziska Kruger] マドモワゼル・フランチェスカ・クリューガー
English Rose [Charles Austin] チャールズ・オースチン
English Rose [Abraham Darby] アブラハム・ダービィ
Portland Rose [Yolande d'Aragon] ヨーランドダラゴン
Tea Rose [Blumenschmidt] ブルーメンシュミット
China Rose [Fen Zhang Lou] 粉粧楼
Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ

10月19〜22日開花薔薇画像
私好みの色でいい感じに咲いたマドモワゼル・フランチェスカ・
クリューガー。イエローやアプリコットと言うより「肌色&ピン
ク」のこの色はしっとりと琴線に響きます。
クリューガーの枝違いと言われる黄色花のブルーメンシュミット
はまだ咲き方が半人前か……でも単純に色違いとは思えないな。
1010211


1010212


1010221


1010222


1010191


1010221_2


1010222_2


1010201


1010191_2


1010191_3


1010201_2


1010221_3


21日のタイ
緑色のタイはまた格別に好きな色なのだ、パープルのペーズリー
との組み合わせも良い。
Boss1010211

2010年10月18日 (月)

FIAT500の新旧

我が家は2008年6月末からFIAT500は2世と3世になっていた。
本国イタリアでは2007年に2世生誕50周年記念でビートルやミニなどと同様な
感じで現代版FIAT500が生み出された。
日本では2008年3月15日から発売でその日に契約した。当初白色は半年待ちだ
ったが3.5ヶ月待ちで納車となった。
新旧はフロント以外はあまり似てはいない。細かいところで一応意識している
程度。旧が生身の動物なら新はサイボーグかロボットなデザインの違いに感じ
た。
Fiat500

旧500が私の愛用車で新500がかみさんの愛用車。
安定感や総合的な車の価値観は新に軍配が上がりますが、おもしろい魅力とな
ると桁違いに旧の方に軍配が上がります。

10月15・16・17日開花薔薇画像

Tea Rose [Cels Multiflora] セレス・ムルティフローラ
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
Tea Rose [Mme Jules Gravereaux] マダム・ジュール・グラヴロー
English Rose [Pat Austin] パット・オースチン
Bourbon Rose [Souv. de la Malmaison] スヴェニール・ド・マルメゾン
English Rose [Wife of Bath] ワイフ・オブ・バース
Floribunda Rose [Maria Theresia] マリア・テレジア
Tea Rose [Blumenschmidt] ブルーメンシュミット

10月15・16・17日開花薔薇画像
気温は朝夕は寒いくらいになってきているが、しかし花も蕾も少ない。
1010171


1010151


1010151_2


1010171_2


P1010171


1010171_31010171_4


1010171_5


本日肥料を買う、薔薇の文字が書いてある肥料は初めて使う。
1010171_6

15日のタイ
101015

グリーンに沈んだ黄緑にパープルの組み合わせが気に入っている。

2010年10月13日 (水)

続FIAT500のカーステレオ

続FIAT500のカーステレオ
11日に取り替えたカーステレオ。音飛びもなく快調でした。
しかし今日の午後からCDが回らなくなりました。ラジオは大丈夫で
すがCDプレーヤーとしては臨終です。実働3日間で逝ってしまいました。
で2つめのストック(画像内下)と交換。
1010131_3

左のものです。錆やカビがあります。
ジャンクとして買ったような記憶が……。
しかしどっこい音がちゃんと鳴りますラッキー!!

快調に20分ほど経ったとき。あれ!今音が針飛びしたような……。
40分経過頃には音飛びだらけでやはり使い物になりません。
しかもボタンを押してもCDを上手くはき出すことも出来ませんで
した。(ピンセットで取り出しましたが。)
1010132


次は最後のコレです。
同じなんですがCDのMP3とAUX入力が省略されたタイプで色が
シルバーが白になります。
1010133


これで無事一件落着です。


夜カミさんがアイロンのコードの接触が悪いとのことで修理。
前の職場の友人達が私の結婚記念にいただいたアイロンなので簡単
に捨てるわけにはいきません。
1010131_4


1010132_2