フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

旧FIAT500再び止まる。

先日はファンの接触では無く、ファンの軸のオルタネータのベアリングの破損
ロックでの異音だったのでした。
昨日復帰してそして今日、今度は走行中エンジンが吹けないストールしそうに
なる。アイドリング時だけが安定した状態。
再びJAFにお世話になる。来てくれた人は1月前に新FIAT500をお店までレッカ
ーしてくれた人でした。
Fiat1011281


Fiat1011283

11月25〜28日開花中薔薇「デュブリュイの赤黒」

Tea Rose [Francis Dubreuil] フランシス・デュブリュイ
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
English Rose [Evelyn] エヴリン
Hybrid Perpetual Rose [Enfant de France] アンファン・ドゥ・フランス
Tea Rose [Mme Bravy] マダム・ブラビー
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
English Rose [Redoute] ルドゥテ

11月25〜28日開花中薔薇

フランシス・デュブリュイ、赤くそして黒い。
ティーローズの重さを感じさせない所も良い。
1011261


1011281


1011282


アダムは寒さでカップ咲き。
1011251


エブリン。とにかく色が美しい。
1011261_2


1011281_2


アンファン・ドゥ・フランス、秋の花綺麗ですが春の花の独特な個性は見えません。
1011281_3


マダム・ブラビー、安定した美しさを放ちます。
1011271


1011281_4


メアリー・ローズ 。咲くだけでもありがたい。
1011281_5


ルドゥテ、美しい淡い淡いホワイトピンク薔薇。
1011251_2


我が家から数キロ離れたある薔薇庭。
この時期、私の所では一株に花が無いのが多い。
あっても1、2輪の花。
そして葉はほんの少し。
この庭で薔薇を育ててある方はすごいと思う。
そして我が身は改めて自信をなくしてしまうのだ。
1011281_6

2010年11月23日 (火)

旧FIAT500もレッカーのお世話に。

先月24日にこの車の子である新FIAT500がバッテリートラブルのためレッカ
ーでお店へ運ばれた。それからちょうど1ヶ月の本日今度は親の旧FIAT500が
エンジントラブルのためレッカーでお店へ運ばれることになってしまった。
しかも止まった交差点が前回新FIAT500が止まった交差点の次の信号機の交
差点で200mくらいしか離れてないのだ。止まるところまで……親子だなと
感心する。

なぜ止まったのか、エンジンルーム方向からシュゥイーンンンと金属の円盤
みたいな物が金属にこすれる音が車内いっぱいに響き渡ったのだ。横に乗っ
てたかみさんは「この車、爆発するの!」と運転している私に尋ねたくらい
だった。
空冷エンジンを冷やすための水車型のファンがファンカバーに何らかの理由
で接触したのだろう?

今回もまたJAFに救援を依頼したのだった。

Fiat5001011231


なんだか哀愁が漂うFIAT500
この車で先々週は長崎へ、先日は北九州へと遠出していたのだ。
今日のトラブルは近場で不幸中の幸いだった。
Fiat5001011232


11月23日開花中薔薇 迫真の美しさマダム・ブラビー

English Rose [Country Living] カントリー・リビング
English Rose [The Fraiar] ザ・フライアー
English Rose [Sharifa Asma] シャリファ・アズマ
Tea Rose [Mme Bravy] マダム・ブラビー
English Rose [Gentle Hermione] ジェントル・ハーマイオニー
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
Noisette Rose [Cinderella] シンデレラ


トップはカントリー・リビング
地面を見ると花びらがこぼれていた。
散りかけているのだ。
画像は2/3くらい残った花弁の花だ、
どうだろうこの美しさは、
散り際まで「美」を保つERの特徴だろう。
撮影後鉢を少し移動しただけでまた1/3ほどばさっとはなびらが散った。
1011231


ザ・フライアーも峠を越えて退色している。
開き初めから7日目の花。
初期のある意味未成熟なERであってもこの美しさを見られるなら
育てる楽しみがあるというものだ。
1011231_2


シャリファ・アズマも4日め、もうやっと花びらを支えている状態だ。
がしかし美しさに衰えがない、すごいぞシャリファ!
(画像陽があったている時と曇った時)
1011231_3

1011232


マダム・ブラビー、朝から夕方まで。
ティーローズのホワイトピンク色薔薇の中でもこの薔薇は傑出した
美しさを見せる薔薇だとあくまで個人的に思っている。カメラのシ
ャッターを思わず10や20切ってしう。
1011231_4


1011232_2


1011233


1011234


ジェントル・ハーマイオニーは未熟な咲き方ですが色味が美し薔薇。
1011231_5


アダム元気に咲き始めている。
1011231_6


アンブリッジ・ローズは素敵な色です。
1011231_7


シンデレラ、覆輪綺麗です。
1011231_8


1011232_3

2010年11月21日 (日)

11月19・20・21日開花中薔薇

English Rose [Lady of Megginch] レディー・オブ・メギンチ
Tea Rose [Hermosa] ヘルモサ
English Rose [Country Living] カントリー・リビング
English Rose [Sharifa Asma] シャリファ・アズマ
Generosa Rose [Sonia Rykiel] ソニア・リキエル
3English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
English Rose [The Fraiar] ザ・フライアー
Floribunda Rose [Gruss an Aachen] グルス・アン・アーヒェン
English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
Noisette Rose [Cinderella] シンデレラ


11月19・20・21日開花中薔薇

画像をクリックすると、朝露が美しい素敵なメギンチ。
1011211


夕方には綺麗に開花。花弁の波、こくのある色味、緑の中で幻想的とも感じる。
1011212_2


これも朝露で美しいヘルモサ。
1011211_2


夕日でちょっと劇的なヘルモサ。
1011212_3


カントリーリビングの色はなんとも素敵です。花弁の縮れも個性です。
1011201


1日たっても変わりません、カップのままです。
1011211_3


シャリファ開花初め。
1011191


開花しました。朝日に輝いているアズマ。
1011201_2


やはり日持ちします、この季節は。
1011211_4


夕方のアズマ、やっぱ綺麗だ。
1011212_4


リキエル少し開いてきました。
1011191_2


だいぶん更に開いてきました。
1011201_3


夕方はまた閉じる薔薇です。
1011211_5


メアリー、まだまだ花弁の質感を美しく保っています。この季節はいいですね。
1011191_3


ようやく峠を越えました。
1011211_6


別の株のメアリー。夕方のこってりとした色合いがいい感じです。
1011212_5


フライアー。だんだん開花してきました。
1011191_4


更に開花で一番いい頃。
1011201_4


峠越のフライヤー。
1011211_7


アーヒェン、いい色合いです。
1011191_5


開花すると色がなくなりすぎです。
1011201_5


更に退色してしまいます。
1011211_8


アンブリッジ、みずみずしいアプリコット色です。
1011211_9


この薔薇も夕方閉じるようです。
1011212_6


アダム、開花しました。ティーらしい色の一つですね。
1011211_10


ほんのり覆輪のシンデレラ。
1011211_11

2010年11月18日 (木)

11月16〜18日開花中薔薇

Tea Rose [Mme Bravy] マダム・ブラビー
Noisette Rose [Cinderella] シンデレラ
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
Generosa Rose [Florence Delattre] フローレンス・ディラットレ
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
English Rose [The Fraiar] ザ・フライアー
Hybrid Perpetual Rose [La Reine] ラ・レーヌ
Generosa Rose [Sonia Rykiel] ソニア・リキエル

11月16〜18日開花中薔薇
春や夏と違い開花まで、散るまでがかなり長い季節になってきた。
春薔薇のこぼれんばかりの魅力と違いこの季節は地味ながら一輪一輪可愛
く咲いた薔薇を慈しみたい。
シンデレラはようやくこの気温(日中20度未満)で一人前な容姿となる。
ブラビーは丸くふわっと球形で限りなく透明に近いピンクが素敵。
メアリー、アンブリッジも色がいい。
デラットレのホワイトパープルもいい。
ラ・レーヌの開きはここまでが限界ののようだ。

1011181


1011181_2


1011171


1011181_3


1011161


1011181_4


1011181_5


1011161_2


1011181_6


1011171_2


1011181_7


1011171_3


1011181_8

ネクタイ。
色、形、わりと派手ですが、

1011172

ジャケットに合わせると案外露出する面積は少なく派手と言うほ
どでもないのだ。

1011171_4


2010年11月15日 (月)

復活のシャーボ。

シルバーのシャーボが本日修理から上がってきた。
ピカピカに磨いてあり黒ずんでいた箇所が無くなってしまいました。
上から革巻き、シルバー、ステンレス。

101115

2010年11月14日 (日)

11月14日開花中薔薇

English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
Tea Rose [Mme Bravy] マダム・ブラビー
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
Noisette Rose [Cinderella] シンデレラ
English Rose [The Fraiar] ザ・フライアー


11月14日開花中薔薇
昨日の虫食い花が今日は花弁のウエーブと光の加減で
劇的なクナイプに。

1011141

まーるい球形がいつも美しいラ・レーヌ

1011141_2

良い色ですです、アンブリッジ

1011141_3

これはきっとマダム・ブラビーのはず。

1011141_4

昨日のアダム、今日開きすぎです。

1011141_5

まだこれからです。

1011142

実はいつもよく咲いている薔薇、しかし花形の充実度
がいつも足りなく写真にしていません。

1011141_6

すこし地味めなザ・フライアー

1011141_7

2010年11月13日 (土)

11月10〜13日開花薔薇画像

Modern Shurub Rose [Sebastian Kneipp] セバスティアン・クナイプ
English Rose [Mary Rose] メアリー・ローズ
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
Early Hybrid Tea Rose[Grace Darling] グレース・ダーリン
English Rose[Lady of Megginch] レディー・オブ・メギンチ
English Rose[Sharifa Asma]シャリファ・アズマ
Generosa Rose[Sonia Rykiel]ソニア・リキエル
Generosa Rose[Generosa RoseVersigny]ベルシーニ

11月10〜13日開花薔薇
毎朝の通勤でコート姿が目に付くようになってきた季節。
私はスプリングコートで丁度いいかんじ。


メアリーとクナイプはいい感じで咲いている。
ベルシーにはこのブログの3日の花がまだこんな感じで退色
して頑張っている。グレースダーリンはこのまま開ききれず
に散りそうだ。リキエルも開きはここが限界のようだ。アダ
ムはピンク色がいい感じだ。

1011111_2


1011131_10


1011101_4


1011131_11


1011131_12


1011101_5


1011131_13


1011101_6


1011131_14


1011131_15


1011131_16


1011131_17


ネクタイ。
ちょっと異質なペイズリー。ちょっと野蛮な感じもします。

1011131_18


これは何でしょうか?ペイズリー好きには好きな範疇に入る
モチーフですが、毛針か、足のたくさんある架空のの昆虫か。
まー、ペイズリー自体顕微鏡で見るゾウリムシみたいなもの
だから似たようなものかもですね。

1011132_2

毎朝通勤で見る那珂川の風景

毎朝通勤で見る那珂川の風景(12日朝)だ

那珂川ばたに たたずむあなた
……ふりむかないで 博多の人

とエメロンシャンプーCMを思い出したりするのだ。
と言ってもハニーナイツの歌詞ではあるがそのバージョンの
CMがあったかどうかは……。

1011121

コレは広島
http://www.youtube.com/watch?v=fDIBXwNiAT0