フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

お餅

スーパーでお餅を買う。
10年前までは家でお餅をついていた(機械で)。
最近は買うようになったが、あん入りはかなり少数派です。
右のものは昨日一袋しか残ってなかった。左のものは朝ついた餅でまだ柔い。
生地に砂糖が入った固くならないあん入り餅はたくさんあるが普通に固くな
るもちであん入りはすくない。焼いてぱりっとした食感。とろけかけのあん
と餅のコラボは時にはいいのだ。

Photo


もうすぐ2011年。どんな年になるだろうか。

2010年12月29日 (水)

12月29日開花中と開花開始薔薇

English Rose [Cressida] クレシダ
Generosa Rose [William Christie] ウィリアム・クリスティ
English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
Tea Rose [Hermosa ] ヘルモサ
English Rose [Evelyn] エヴリン


-----------------------------------------------

クレシダ。1週間前の開花しかけの花の外側の色はなんてことはない薔薇に感じます。
しかしこの開花したもので見ると内側には素敵で魅力的な色が出現するある意味劇的
な薔薇なのです。

1012291


1012292


ウィリアム・クリスティ。開きかけ、開花したものも1週間前から
ほとんど変わりません。

1012291_2


1012292_2


ジュビリー・セレブレーションは開き方が全開になる。

1012291_3


1012292_3


ヘルモサ開花です。

1012291_4


エヴリン開花初めから遅遅とした速度です。

1012291_5

2010年12月23日 (木)

12月23日開花中と開花開始薔薇

Generosa Rose [William Christie] ウィリアム・クリスティ
English Rose [Jubilee Celebration] ジュビリー・セレブレーション
Tea Rose [Hermosa] ヘルモサ
English Rose [Evelyn] エヴリン
English Rose [Cressida] クレシダ

----------------------------------------------------------

ウィリアム・クリスティようやく開きました。
いつもいつも花弁数が多いです。

1012231


1012232


これはこれからです。

1012233


ジュビリー・セレブレーション
12月の一輪。

1012231_2


1012232_2


画像中記録は粉粧楼ですが、
Tea Rose [Hermosa] ヘルモサでした。
粉粧楼がこんなピンクが強いわけがありません。
鉢が隣同士でまちがえてしまった。

1012231_3


エヴリン。12月4日から20日間での成長です。
このペースだと年越しになるのかな。

1012231_4


クレシダ。4cmくらいの大きさにです。
寒さに負けずがんばれクレシダ。

1012231_5

そしてネクタイです。
同柄の色違い3種

1012231_6


しかし、ブランドはバラ薔薇(寒〜。)です。

1012232_3

2010年12月19日 (日)

12月19日開花中薔薇

Generosa Rose [William Christie] ウィリアム・クリスティ
English Rose [Jude the Obscure] ジュード・ジ・オブスキュー
Tea Rose [Mme Jules Gravereaux] マダム・ジュール・グラヴロー


12月19日開花中薔薇

先日のオルソーラ・スピノーラはウィリアム・クリスティの間違いでした。
似ているのでどうも混同してしまいます。
少し開いてきました。


1012191


1012192


ジュード・ジ・オブスキュー
なんとか開ききりました。

1012191_2


マダム・ジュール・グラヴローも開ききりました。

1012191_3

愛車FIAT500の後部スピーカー

今日はカーステレオで久々に昔聴いたピンクフロイドのアルバム「おせっかい」からエコーズを流す。
中学生の時、深夜の民放FM番組でこの23分からなる曲がかかっていた。以来虜になってしまった。
前作アルバム「Atom Heart Mother」日本語タイトル「原子心母」ほとんどなんの芸もない訳なのだが格好良かった。
次作の「The Dark Side Of The Moon」日本語タイトル「狂気」は
http://ja.wikipedia.org/wiki/狂気_(アルバム)
で語られているように後でとんでもないアルバムになっていた。
レコードは擦り切れるほど聴いた。
でも、私にはなんと言ってもエコーズなのだ。

このスピーカー、スキャンダイナと言う北欧製、昔は(高校のころ)ダイナコと言っていた音響ブランド。
http://www.e-potpourri.com/wp-content/uploads/2007/06/scandyna-pod-retro-speaker-range.jpg
じつに素敵なデザインだ。
車用のスピーカーはデザインが漬け物石みたいな形のばかりでおもしろくありません。
ですのでこの音響用のを取り付けていたのでした。低中域は径8cmのスピーカーですがしっとりとした音を出してくれます。椅子の下には20cm径のサブウーハーを設置していますのでしっとり重厚なサウンドのピンクフロイドも走りながら堪能できました。


Fiat500

2010年12月15日 (水)

12月15日開花中薔薇

English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
Tea Rose [Mme Jules Gravereaux] マダム・ジュール・グラヴロー
Generosa Rose [Orsola Spinola] オルソーラ・スピノーラ


12月15日開花中薔薇

アンブリッジ・ローズ,
もう一蕾残っていました。

1012151


マダム・ジュール・グラヴロー
がんばって開こうとしていますが、この寒さでどうでしょうか?

1012151_2


オルソーラ・スピノーラ
これも開花は微妙ですね。

1012151_3

本日中古コンデジ届く

半年くらい前に壊れたカメラですが、デザインが気に入っていたので
中古で購入し本日到着。(左、中古美品。右、壊れたカメラ)
壊れた方はよく考えてみると5年保証に入っていたのでせっかくなので
明日お店に持ってゆこうと思う。
じゃあ別に新たに買うこともなかったのではとも思ったがほとんど新
古美品状態なので満足感の方が強い。

E11

正直、銀梨地のペンタプリズム部がある昔の一眼レフのデザインやライカ
バルナック型の形にしか惹かれないのですが、なにかコレは別種のカテゴ
リーとして特別惹かれます。
ちまたでは「石けん箱」と言われ、もともと初心者用に開発デザインされ
たようですのでその低級的な見方が妥当で常識的なのでしょう。
しかし私にはコンデジの中でこれだけがオシャレでセンスの良いデザイン
に見え、それ以外のコンデジはいわゆるその他大勢にしか見えません。わ
たしの美観や好みは常識からはたぶんズレているのだろうと思ったりしま
す。

E12

2年前このカメラは初心者用とうたいながら郊外の大型量販店3社には売っ
ていませんでした。結局福岡天神の量販店に買いに行ったことを思い出し
ます。
郊外のお店はとにかくちょっと変わったデザインは普通の人は買わないち
ょっと変わった人にしか売れないとの思考だったのだろう。
ちなみにこのカメラは私の娘用のために買ったものでした。


で、これも到着。
最近、薔薇を撮っているカメラが誤作動するようになってきたので同じ機種
を中古2000円での予備補充機。

1

そういえば先日壊れたプリンターも5年保証にはいっていので本日お店へ持ってゆく。
あと収納型のオーブン+電子レンジも壊れた。

2010年12月12日 (日)

12月7〜11日開花中薔薇やっぱり美しいアウェイクニング

Climbing Rose [Awakening] アウェイクニング
China Rose [Fen Zhang Lou] 粉粧楼
English Rose [Ambridge Rose] アンブリッジ・ローズ
Tea Rose [Mme Bravy] マダム・ブラビー
English Rose [Jude the Obscure] ジュード・ジ・オブスキュー

--------------------------------------------------

アウェイクニング
この横見の姿!画像をクリックすると質感にちょっと息を飲みます。

1012071


今年最後の開きかけているアウェイクニング

1012101


そして開きました。

1012111


粉粧楼も開きました。色・質感ともいい感じです。

1012071_2


今年最後のアンブリッジ。

1012111_2


ブラビーもこれが最後の花。一日たっても僅かにしか開花しません。

1012111_3


1012121


ジュード・ジ・オブスキューも時間が止まっているような開花速度。

1012111_4


1012121_2

ネクタイ
ちょっと金満調視覚のペイズリーネクタイです。

1012111_5


これも毒っぽい。

1012112


ベルサーチらしい。

1012113


ここで少しさわやか調を。
アクアリウムペイズリーと呼びたくなります。

1012114

2010年12月 4日 (土)

11月30 12月2・4日開花中薔薇 アウェイクニングの美

China Rose [Fen Zhang Lou] 粉粧楼
Climbing Rose [Awakening] アウェイクニング
Tea Rose [Mme Bravy] マダム・ブラビー
Climbing Tea Rose [Adam] アダム
Hybrid Perpetual Rose [Enfant de France] アンファン・ドゥ・フランス
Hybrid Tea Rose [Alphonse Daudet] アルフォンス・ドーデ
English Rose [Wife of Bath] ワイフ・オブ・バース
Tea Rose [Blumenschmidt] ブルーメンシュミット
English Rose [Evelyn] エヴリン


11月30・12月2・4日開花中薔薇

粉粧楼
コロッと丸いかわいい形で開花始め
1012041


1012042


アウェイクニング
色がほんとに綺麗です。
1012041_2


1012042_2


1012043


マダム・ブラビー
やはりため息が出るほど美しい薔薇です。
1011301


1011302


1012041_3


1012042_3


アダム
本年見納めのアダム
1011301_2


アンファン・ドゥ・フランス
ほぼ開花しました。
1011301_3


1011302_2


アルフォンス・ドーデ
風で痛んでますが、いい色です。この時期「ア」から始まる薔薇ががんばっている
1012041_4


ワイフ・オブ・バース
これから開花ですね。
1012041_5


ブルーメンシュミット
今年まだ一度も形が綺麗に咲いていないような?
1012021


エヴリン
現在開花待機中の中から一つ
1012041_6

ネクタイ1
ペイズリーで薔薇の花柄付きのを持っているかどうかちょっ
と確認してみた。薔薇の柄などもっていないと思っていたが
よく探してみると2本ほど持っていた。あまり気づかなかっ
た、購入のときペイズリーしか目に入らないんだな−。
1012041_7


1012042_4


ネクタイ2
やや大柄で派手なペイズリー。
エトロのグリーンはしますが、ラバンヌのは派手すぎてまだ勇気がありません。
でもしたいな。
1012043_2


1012044