フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 12月15日開花中薔薇 | メイン | 12月19日開花中薔薇 »

2010年12月19日 (日)

愛車FIAT500の後部スピーカー

今日はカーステレオで久々に昔聴いたピンクフロイドのアルバム「おせっかい」からエコーズを流す。
中学生の時、深夜の民放FM番組でこの23分からなる曲がかかっていた。以来虜になってしまった。
前作アルバム「Atom Heart Mother」日本語タイトル「原子心母」ほとんどなんの芸もない訳なのだが格好良かった。
次作の「The Dark Side Of The Moon」日本語タイトル「狂気」は
http://ja.wikipedia.org/wiki/狂気_(アルバム)
で語られているように後でとんでもないアルバムになっていた。
レコードは擦り切れるほど聴いた。
でも、私にはなんと言ってもエコーズなのだ。

このスピーカー、スキャンダイナと言う北欧製、昔は(高校のころ)ダイナコと言っていた音響ブランド。
http://www.e-potpourri.com/wp-content/uploads/2007/06/scandyna-pod-retro-speaker-range.jpg
じつに素敵なデザインだ。
車用のスピーカーはデザインが漬け物石みたいな形のばかりでおもしろくありません。
ですのでこの音響用のを取り付けていたのでした。低中域は径8cmのスピーカーですがしっとりとした音を出してくれます。椅子の下には20cm径のサブウーハーを設置していますのでしっとり重厚なサウンドのピンクフロイドも走りながら堪能できました。


Fiat500

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/490712/25621293

愛車FIAT500の後部スピーカーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿