フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

FIAT500 ルパン カリオストロの城 ジオラマフィギュア

1997年のゲーセン景品が届く。
私がゲーセンに通い始める少し前の景品。
6種フルコンプリートである時期5000円〜の値を付けた時代もあったが……。
1600円で購入。
F5001


箱の裏にはスパルタンなチンクが活躍するシーンが。
F5002


6種を組み合わせてみた。
F5003

UFOキャッチャーでこのての景品はまちがって1個でも取ると
大変な事となる。
ジオラマ景品は1個から5個揃えても意味をなさない。6個(全種)
ゲットするまでとり続けなければならないのです。

2011年6月26日 (日)

〜2011.06.26 開花薔薇

English Rose : Mary Magdalene : メアリ・マグダレン
Floribunda Rose : Rotkappchen : ロートケプヘン


-------------------------------
110622


110625


1106261


1106262


1106263


110625_2

FIAT500と水田風景

今年もそろそろ半分終わる。
台風で風強し、曇り時々雨。
水田の中の道でのFIAT500(道左側は水田にしないのだろうか?)
F50020116


我が家にて久々の新旧FIAT500の2ショット
F5001106261


F5001106262

新FIAT500買った時のまま。旧FIAT500はかなり変わってきました。

2011年6月25日 (土)

久々に乗るFIAT500と車検帰りのFIAT500

本日午前中久々に雨が降っていない。
この隙に旧FIAT500でDIYサンコーへ.
3週間ぶりに乗る。うれしい。

F5000


午後は、新FIAT500の車検が終わったとのことで、このダイハツの代車でトリミへ。
F500


こちらは一週間ぶりの対面です。
横には今、最もFIAT500に熱いM氏の愛車。
F5002

2011年6月23日 (木)

洋銀ワイヤーFIAT500

洋銀ワイヤーFIAT500が届く
1/16モデル
Fiat50001


Fiat50002


Fiat50004


Fiat50003


Fiat50005


Fiat50006


Fiat50007


Fiat50011


Fiat50008


Fiat50009


Fiat50010

良くできております。
こういうのは感動します。
絶対に縮尺モデルは所有しないと思っていたのに、
あまりに個性的だったので……。

3D画像でなければ良さが伝わらない感じだ。

万年筆と水性ボールペン MONTBLANCとKING CROWN

ボールペンを買った。
定価は6万後半みたいですが実売は4千円前後。

左が購入したキングクラウンのボールペン。英国の物をドイツが中国で復刻生産??
クリップの裏側は金属の皺だらけでお粗末。どのくらいのものかすぐ分かってしまう。
右は31年前から所有しているモンブラン149 F 14C万年筆。開高モデル

20代の時モンブランの形が「それ」らしく美しく格好いいと思っていた。
しかし、キングクラウンの大きな頭とグラマラスな形の前では中年親父の
西洋梨体型的で魅力的に映らない。
時間と共に美しいと感じる「形」は変わるのだろう。

1


2

頭が大きいキングクラウン
3


ペン先を出した形でもキングクラウンの方が素敵だ。
やはり英国だ。
4


膨らみとシェイプ。
5


ペン先は異なる物で較べようがないが。
6

2011年6月18日 (土)

〜 2011.06.18 開花薔薇

English Rose : Summer Song : サマー ソング
English Rose : The Fraiar : ザ・フライアー
English Rose : Ellen : エレン
English Rose : Proud Titania : プラウド・ティターニア
Generosa Rose : Paul Bocuse : ポール・ボキュース
Tea Rose : Tipsy Imperial Concubine : ティプシ・インペリアル・コンキュバイン
Hybrid Perpetual Rose : Souv. du Docteur Jamain : スヴェニール・ド・ドクトル・ジャメ
English Rose : Gentle Hermione : ジェントル・ハーマイオニー

---------------------------------------------

サマー ソング
1106101_5<


ザ・フライアー
1106181


1106182


プラウド・ティターニア
1106181_2


エレン
1106101_2


ポール・ボキュース
1106081


1106101_3


ティプシ・インペリアル・コンキュバイン
1106081_2


スヴェニール・ド・ドクトル・ジャメ
1106111


ジェントル・ハーマイオニー
1106101_4


1106111_2

この時期の薔薇は新芽を付けるのが遅すぎた花たちだ。
もうすっかり栄養分は5月に咲いた花に持ってゆかれ一人前の
容姿にはなれない花。
でも咲きたかったんだろう。
なんのために咲きたいのか。
愛おしいよ。

FIAT500のバッグを購入……その他

スポーツバッグとトートバッグ
車の工具を入れているバッグを買い換えたいと思っていた。
今使っているのはイギリス国旗入りでなんかちぐはぐなのだ。
これだとベストだ。いやそれ以上だ。
ヌオーバ500(ニュー チンクエチェント)のロゴ刺繍がデザイ
ンを引き締めています。

Fiat5001


ラフなチンクイラストステッチ?2つのチンク微妙に違います。
トートバッグの方がエンブレムの中がFIATと読めます。

Fiat5002


部屋でPCをしている時はヘッドホンをして音楽を聴きながらなのですが
重いのが難点でお店で軽そうで安いのがあったのでゲット。

1

しかし音も安く軽かった。使えません。なんとかの銭失いでした。


ついでにトイレで朝刊の折り込み広告チェック時、退屈感を補うた
めのラジオを購入。980円
右のは今まで使用していた昭和の雰囲気ラジオ。7年前にUFOキャッ
チャーでゲットしたものでこれですませていた。が、しかしだ、い
ままでの景品の方が声がいいのだ。アナウンサーの声がマイルドで耳
にここち良いのだ。
(買わなくても家中を探し回れば景品でゲットした1960年代アメリ
カンスタイルの素敵な未使用ポータブルラジオが6ヶ、色違いデザイ
ン違いで眠っているのですが、さがす気力が湧きません)

Photo_2


そう言えばここ数年ゲーセンに行かない。2000-2005年くらいまでは
毎日ひたすらUFOキャッチャーに明け暮れていた。寝ても覚めても
会社帰りだけでなく、昼休み雨でも傘をさしてゲーセンまで。
お目当ての景品があるときは朝通勤前にも行ってた。
だからPC部屋の背後壁面風景はこうなってしまっているのだ。
今となってはほぼ無価値……なのだが。

Ufo

当然の事ながら、たとえばルパンジオラマが4人×8セット。バルタン星
人が8体。機関銃不二子が十数体、初版エバ水着2人×6セット等々、ほとん
どが複数ある。これが段ボールでウオークインクローゼットや押し入れ、
3階部分の階段上、はたまた車のガレージの中まである容積を占めている
んです。
かみさんがあきれているのと荷物の多さにげんなりな気持ちもだんだん
分かる今日この頃です。

鐵観音茶をたしなむ

ビギナー向きというと語弊があると思うが甘い香りがある烏龍はまったり
した味がだんだん……。
そこで発酵がしっかりした鐵観音にしてみた。
40gで¥3,000なので安い茶ではない、が、しかし日本茶の葉を入れて
煮だした時の味と区別が付かない感覚は味覚音痴だろうか。
上質との区別は視覚と、触覚ではわりと分かるのですがどうも味覚はむ
つかしい。
日本茶でもうまいと感じてるのは玄米茶だったりする。所詮駄菓子レベ
ルの味覚なのだろか?

Photo

2011年6月13日 (月)

FIAT500土曜日曜終日雨。

旧FIAT500は最初から雨の日は乗らないことに一応している。
FIAT500に乗り始めてから今まで土曜〜日曜終日雨は無かった。
だから必ず休みの日は乗ることが出来た。しかし今回は初めて2日間ずっと雨。
用事は新500で済ませる。しかし庭が部分的に池のようになるほど雨が降った。

50021


日曜夕方になってようやく北の空に少しだけ青い色が出てきた。
夜、雨は終わった。
50022