フォトアルバム
Powered by Six Apart

« FIAT500今朝、走行中エンジン……ストールそしてJAFへ | メイン | インコはシャンデリアがお好き? »

2011年7月21日 (木)

ブラーゴFIAT500Fを眺めてみる。

1/18モデルのFIAT500F

5001


値段が安いので作りは荒いがかわいらしさはピュアな感じで迫ってくる。
サイドマーカーの色が省略されている。

5002


ひ弱なかわいらしさは表現されてます。テール3段目が垂直すぎるのが惜しい。
ウェザーストリップが省略。

5003


この車はこの角度からが最も印象的。

5004


上から見るとエッグ型に近い丸みです。

5005


エンブレムの中のロゴが下がりすぎ。
片方のワイパーの角度が……。

5006


ウェザーストリップにモールが……「L」タイプになっている。

5007


フューエルタンクです。

5008


うーむ、ノロジー ホットワイヤーか?

5009


ドア内側のハンドル類3点は「F」タイプですが、
ダッシュボードとホーンボタンは「L」タイプ
メーターとステアリングは「R」タイプのようです。

50010

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/490712/26814626

ブラーゴFIAT500Fを眺めてみる。を参照しているブログ:

コメント

ナジカさん、おはようございます^^。

プラーゴ?
こういうのもミニカーで良いんですか?
手が込んでますね~。
可愛いです。
それに↓のスポーツカーのも良かったです。
実物は覚えてないんだけど、こちかめなんかで見たことがあります(笑)。

それから、すっかり出遅れましたが
>書体に宿る「書風」や「風情」は、それが開発される地域風土が設計者を通し自然に宿り滲み出てくる
なるほどです。
そうあるものが本物なんでしょうね~。

クミンさん、こんばんは。

1/18モデルでもミニカーになりますね。

こちかめでも2000GT登場したんですね。
生で見ると立体感が印象的です。

ミニカーは多くのメーカーがあるようです。手の込んでる物からそれなりの物
まで値段も比例しているようです。

素敵な車を(実車)数台所有することは可能でも、超高級車やそうでなくても数十台となると常識的に不可能になります。でも1/18モデルだとそれが可能になるから楽しいと感じるのだろうと思います……だんだんまた病のような症状が出てきてます。クミンさんは建築模型で1/50-200モデルとか日常的に見たりされているんでしょうね?

滲み出てくるものは自然に出ると言うか、消そうと思ってもなかなか消えないですね。意識して出そうとすると余計だったりしますからやっかいな部分でもあります。
見る人使う人の琴線に触れる……「本物」と言えるのかもしれませんね。

コメントを投稿