フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

FIAT500で今年最後の買い出しへ

今日は大晦日。夕方買い出しへ。

5002


隣を見ると。トヨタのスモールカーIQ
FIAT500より全長が1.5cm長い298.5cm

5001


しかし、車幅は36cmも大きくぜんぜんスモールカーではない感じです。

P1000005


これは先日トヨタのお店に飾ってあったS800です。
60年代のスモール美の一つの形だと思う。
やはり実物をみると2次元画像より魅了が倍増でした。

5004


2011.12月開花薔薇

English Rose : Crocus Rose : クロッカス・ローズ
English Rose : Charles Austin : チャールズ・オースチン
English Rose : Jubilee Celebration : ジュビリー・セレブレーション
English Rose : Lordly Oberon : ロドリーオベロン
English Rose : Kathryn Morley : キャスリン・モーリー
English Rose : Mary Rose : メアリー・ローズ
English Rose : Mary Magdalene : メアリ・マグダレン
English Rose : Redoute : ルドゥテ
English Rose : Raidio times : ラジオタイム
English Rose : Evelyn : エヴリン
Generosa Rose : Orsola Spinola : オルソーラ・スピノーラ
Noisette Rose : Cinderella : シンデレラ
Tea Rose : Cels Multiflora : セレス・ムルティフローラ
Hybrid Perpetual Rose : Paul's Early Blush : ポールズ・アーリー・ブラッシュ
Climbing Rose : Awakening : アウェイクニング
Early Hybrid Tea Rose : Erinnerung an Schloss Scharfenstein : ユァインネルン アン シュロス シャールフェンステン
China Rose : Fen Zhang Lou : 粉粧楼
Climbing Rose : Pierre de Ronsard : ピエール・ドゥ・ロンサール

--------------------------------------

111211


111214


111223


111214_2


111219


111223_2


111207


111201


111202


111207_2


111218


111207_3


1112142


1112141


1112231


1112232


111205


111206


111214_3


111207_4


111205_2


1112232_2


111202_2


111202_3


111214_4


111205_3


111206_2


111202_4


1112062


111206_3


111206_4


111223_3

2011年12月29日 (木)

アンティークシルバー、ティー・コーヒーセット

1800年代中期英国のティー・コーヒーセットが届く。
美しい。美しい。
様式はジョージアンスタイルと言うらしい。
単純な逆さバケツ型で脚が無い所など逆に嫌みがなくみえる。
よくあるアールヌーボ的な曲線と異なり直線と幾何学的な曲線で
すっきりした感じが気に入った。

4


100%マニュファクチャーなのかじーっと見てしまう。

3


仕事は細やかだ、贅沢な(手間暇かけた)時間を見ているのだろう。
機械的で合理性が溢れきっている現代が見失ってしまったもの、
それがこの近代のものにはあるようだ。

24歳の時、A君に君の顔は近代的だね。と言われたが、
一緒にいたB君にそれは現代的ではないという意味?と話は終わった。
なんだか妙な気分だった。

1

2011年12月18日 (日)

NewFIAT500ステアリング交換

今日はこのステアリングをお店にて交換することにした。
画像遠目には綺麗です。

Nfiat5001


しかし手が一番触れるところの皮の表皮が皺になっています。

Nfiat5002


左側も同じく。ステアリングを掴んだときの感触がよくありません。

Nfiat5003


これからメカニックの方が椅子に置いている方と交換されます。
特別なスポーツ仕様タイプなどではなくスタンダードなステアです。

Nfiat5004


交換した後です。
綺麗です。

Nfiat5005


しかし、よく見ると皮の表面処理が交換前と後では異なるようです。
これは、交換後の皮の表面。
凹凸が密です。

Nfiat5006


交換前の皮。表面の凹凸が粗いです。
同じステアリングでも作った時期などで微妙に異なるようです。

Nfiat5007


ただ、中央のホーンボタンの樹脂表面処理と近いのは今回替えた後の
ステアリングの方でした。
Nfiat5008

2011年12月14日 (水)

ネクタイとコート、リサイクルへ

今日は4ヶ月おきの通院日でのんびりお休みを取っていた。
昼過ぎ、家の電話が鳴ったので出てみた。
「ご不要になった、ネクタイやコートはありませんでしょうか?」とのことだった。
家には何とかしたいネクタイとコートはわりとありますと答えた。
そうすると相手はうれしそうな声をになってぜひ……。
で、明日取りに来るそうだ。持ってってくれるなら助かるので
座敷に集めてみた。

取りあえずサクッと130本くらい。持ってていただきたいと思う。
しかしこうしてみるとやはり派手好だ。

Photo


コートは畳みに広げていたが面積取りすぎ。

1


2段ポールへと。
年末この24着が無くなってくれるとスペース的にすっきり出来る。

しかし中古をほんとに取ってくれるのだろうか?

2

2011年12月10日 (土)

FIAT500修理から帰ってくる

先週日曜日に500の調子がイマイチなのでお店に預けました。
今日、この代車でお店へと。
ターボ付き軽です。むろん旧FIAT500とは次元の異なる速さ。
新FIAT500の1.2よりダッシュと加速がありました。

Fiat5001


家のガレージに帰ってきました。
ホッとします。

Fiat5002


熱を持つと不安定なアイドリング。
1900回転と3800回転付近で息つき。
空ぶかしでアイドリングからちょっとだけだがなめらかに吹けない。
などの原因はデストリュビュータにありました。

Fiat5003


ディスビューの中に組み込まれているポイントレスキットの
イグナイターの劣化でした。
年6000kmで3年くらいしか持たないようですのでポイントに
戻しました。

Fiat5004


夕方、インフルエンザ予防接種で病院へ。

Fiat5005

2011年12月 7日 (水)

「明朝活字の美しさ」届く

本日この本が届く。と言っても会社のモノとしてではあるが。
「明朝活字」の35年ぶりの復刊本なのです。と言っても
内容(1976年以後)が新たに多く付け加えられています。

1


2


3


30代初めの頃、前に勤めていた会社の書棚にあったこの前身の本や、
府川氏の「組版言論」を読みながら明朝体の奥深さに引き込まれて
いった。

4


ページを開けてびっくり?
本文に使用されている明朝体は7年前に私が設計デザイン
させていただいた書体だ。(30年前の本は日活明朝だった。)
書体を選んだアートディレクター様に感謝。

5


6

2011年12月 6日 (火)

本日会社にてベルトが切れる

会社にて突然ベルトが切れる。長年ベルトをしているが初めての経験。
01


まだたいして使い込んでもないベルトが。
よく見ると肝心な部分だけ皮が薄い。
02


取りあえず縫ってみた。
03


皮に普通の針ではつらい。お見苦しい結果に。
家に着くまで持てばいいのだ。
04


が、しかし、中央のピンが一周していたまま縫ってしまった。
バックルを裏にして縫わないようにと注意をしていたがそれだけ
では注意が足りなかった。
小さい頃プラモデル作りが苦手だったのを思い出してしまった。
05


なんか変ですね。
06


バックルにちょっとさわるとこうなってしまいます。
がまんがまん、家路につくまでです。
07

2011年12月 1日 (木)

2011.11.29・30開花薔薇

English Rose : Evelyn : エヴリン
English Rose : Charles Austin : チャールズ・オースチン
English Rose : Cressida : クレシダ
English Rose : Mary Rose : メアリー・ローズ
English Rose : Mary Magdalene : メアリ・マグダレン
Climbing Rose : Pierre de Ronsard : ピエール・ドゥ・ロンサール
Floribunda Rose : Maria Theresia : マリア・テレジア
Floribunda Rose : Gruss an Aachen : グルス・アン・アーヒェン
Portland Rose : Yolande d'Aragon : ヨーランドダラゴン
Delbard Roses : Rose Pompadour : ローズ・ポンパドゥール
Early Hybrid Tea Rose : Erinnerung an Schloss Scharfenstein : ユァインネルン アン シュロス シャールフェンステン
Hybrid Perpetual Rose : Paul's Early Blush : ポールズ・アーリー・ブラッシュ

----------------------------------------
※居眠りしながらで間違い多し。
画像上から4つめまで全てERエブリン。

1111291_2


1111292


1111293_2


1111294_2


1111291_3


1111292_2


1111293_3


111129a1


111129a2


111129a3


1111290


1111291_4


1111291_5


1111292_3


1111291_6


1111292_4


111129_2


1111291_9


Photo_2


1111291_10


1111301


Photo_3


1111291_11