フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

2012.01.27開花薔薇

Generosa Rose : Paul Bocuse : ポール・ボキュース
English Rose : Mary Magdalene : メアリ・マグダレン

-------------------------------------------

冬最後の薔薇
120127


120127_2


2月は剪定します。

2012年1月25日 (水)

ウェッジウッド・プロヴァンス・クイーンズウェア到着

最近ペアで持っていたマグカップ、プロヴァンスの1つをダメ
にしてしまいました。気に入っていたのでカップ3ヶ、デザー
ト・パイ皿4枚補充したのです。米国からの到着です。

1


今まで持っていたカップ1ヶと大皿含めると
なんか賑々しくなり華やかです。
ウェッジウッドの中では気軽に使える価格も良い。
それになによりやっぱりカップの形に惹かれている。

2

2012年1月22日 (日)

FIAT500昨日と今日

昨日、かみさんとイオンへ甘いものを買いに行く。
駐車場ここが空いていたので停める。

1


店の入り口まで来て愛車を振り返り眺める。(旧車乗りは皆そうだと思う)
うーむ、この眺めは、お殿様中心の武家会議の模様に似ている。
その上座中央は小さなお殿様のチンク殿ではないか?
そうつぶやいていると、隣から「全然、全く見えないわ。」とかみさんに
あきれた顔して言われた。
想像力(妄想力)にかけるよな。帰りは「中央突破だ!」気分がいいぞ。

2


本日午前雨。
1年ぶりにワックスをかけてみた。
チンクの三角窓、ピカピカです。
買った時は錆びていました。
だから新品買いました
でもすぐに錆びました。
現在は元の錆びたものを再メッキしたものです。

1_2


50〜60年代特有のドアノブ。
若い人はドアを開けるとき戸惑う人もいます。
現代車のようにノブを引くだけではドアは開きません。
親指でボタンを押して人差し指から小指で引き開けます。
現代車よりこの押す1動作多いところに感触という触感を刺激されます。
そうこの車は親指で快感を味わった後車内に入れる車なのです。

2_2

2012年1月15日 (日)

〜2012.01.15薔薇開花

English Rose : Mary Rose : メアリー・ローズ
English Rose : Mary Magdalene : メアリ・マグダレン
English Rose : Redoute : ルドゥテ
Early Hybrid Tea Rose : Erinnerung an Schloss Scharfenstein : ユァインネルン アン シュロス シャールフェンステン
Climbing Rose : Pierre de Ronsard : ピエール・ドゥ・ロンサール

---------------------------

1201121


1201121_2


1201121_3


1201121_4


1201121_5


1201122

FIAT500での一日

お昼にトリミにてオイル交換をしてその後「しまむら」
にかみさんの服を買いに行く。

5001_2


家に帰って旧500に乗り換える。

5003_2


そして犬の予防接種(八種混合)で病院。

5002_2


帰りに愛犬とパン屋へ

5005_2


その後TSUTAYAにて念願のお買い物。

5004_2


家に帰って犬の散歩中にあった看板
「捨てるな」懐かしい書体「ゴナU」。
石井裕子さんが中村さんに発注依頼した書体。
角ゴシックの歴史はこれから大きくモダン系が
主流となる。

書風に情感がこもらないクールな印象が特徴で、
「捨てるな!」と語気が強く命令言葉であっても
クールに緩和して伝えてくれるのだ。
それまでのオールド・クラシカル系ゴシックだと
人の思いが伝わりすぎてちょっと怖くなったりする。
これは、浪花節調で感情に起伏を入れ伝えるか、
電車やデーパートなどのアナウンス的に感情を平
坦化して伝えるか、当然後者の方が新時代だった。

5006


家に戻ってTSUTAYAで買った物を取り出してみた。
モノラルラジオなのだ。そう「チボリ」なのだ。

5008


お値段は
5009

うーむ、これでは手が出ません。
少し前まで50%offに変わっていた。それでもまだ悩ましかった。
そして昨日70%offになっていたので本日購入したのでした。
(それでも、買う。と決意するのに1日かかったのでした。)

今までの¥980のと聞き比べてみました。
音が月とすっぽんでした。
やっぱり中音の厚みが……とにかく人の声に潤いがあります。
たとえると、公民館などの拡声器の鼻が詰まったような音色と
デパートの迷子のお呼び出しのソフトな音色の違い。

50010


昨日からPCでウエブを見るときブラウザの書体を昨年作った
フォントに変更して楽しんでいる。
Winのメイリオ、MS。Macのヒラギノに見慣れた感覚からす
ると良い悪いは別としておもしろいと感じている。

5007

2012年1月10日 (火)

良い書体とはスプーンのようなもの

ゆずやさんのお話で、いくつもの優れた欧文で著名なフルティガー氏の言葉に
「良い書体とはスプーンのようなもの」と言うことをネット上で今日聞いた。
食事の時スプーンがどうだったか形が気にならない、意識
しないものが良いスプーンで書体も同じなのだ。
読んでいて意識しなく快適に読める書体が良い書体なのだそうだ。

画像は私の好きなスプーンなのだ。
いつかブログに載せようと思っていて丁度良い機会なので取り上げて
みた。
シルバーのステンレスのものが25年前からこれ一辺倒で使用している。
国産、ラッキーウッドのデラックスと言う名のもの。
ゴールドはドイツのCHRISTOPH WIDMANN

1


ステンレスのラッキーウッドのボウルの部分がうっとりしてしま
うしずく型。
手に持つところはだんだん細くなっていて持ちにくい、かろうじ
て終端を上にカーブさせているので親指に引っかかるがお世辞に
も使いやすさはない。しかし慣れればどうってことない。
大事なことはこれを使う度にうっとり出来るのでこれがお気に入り。
たとえばカレースプーンだとカレーが一層美味しく感じられる。
(家族には不人気で私だけが使っているのだが)

ゴールドのスプーンは好きだけど持っているだけ。飾りもの?

2


たとえば買える財力もないがあこがれるスプーンとフォーク
PUIFORCAT(ピュイフォルカ)

http://www.h2.dion.ne.jp/~baguette/LOVELOG_IMG/83s838583C83t83H838B83J.png

どうも私が好きになるものは意識しないですむ形より一度見ると
なかなか忘れられない形が好きなようだ。

2012年1月 7日 (土)

FIAT500でPCを買いに行くが……

これから○○量販店へ行きます。
昔の車なのでエンジンをかけアイドリング暖機を行います。
5分間くらいこんな感じでじっとエンジン暖まるまで待ちます。
そうしないと燃費もですが加速感が著しく低く乗っていて
おもしろくありません。

画像手に取っている靴は、かみさんに、おじいさんのリハビリ靴
みたいでやめな!と以前言われ履いてなかったもの。
色違いで2足ある。先日、コート・ネクタイなどリサイクル出しの
時かみさんはこの靴2足とも出すところへ置いていたのだ。
それを一応阻止して靴箱に戻して置いたのだ。
しかしまー、やっぱりリハビリ靴みたいなんだが……。

Pc500_2

PCはMacBook Air+Apple LED Cinema Display (27インチ)
27インチディスプレイは取り寄せで2週間
展示してあるMacBook Airをネットに繋いでいただくがすぐにはブログ
にはめ込んだYouTubeが見れない。この機種は今初めてネットに繋いだ
ためいろいろソフトウェアのアップグレードしないと……。
ディスプレイに映った表示は数ギガのアップグレードで数時間予定。
そのじてんで気分がくじけなにも買わずに帰ってきました。

2012年1月 3日 (火)

今年もこのFIAT500の2台

4年目に入るFIAT500の2台。
今年も生活の中でいい足であってほしいな。

50020121_2


わが町の楠木。
夏になると数千羽レベルで小鳥が集まる。
しかしこのこの冬の剪定は激しいな。

50020123

2012年1月 1日 (日)

スナップボタンが素敵な?ジャケット

このジャケット、メンズものにしてはスナップボタンが大きい。
と言うか、だいたいスナップボタンが登場する場所はズボンの裾をWに
するときくらいなものだ。
しかし好きだな。まるで小さな人形服の単純拡大スケールみたいで新鮮。

1


画像上に見える2つがよくある大きさのホック。
小指と較べても……でかい。

2


100円玉より大きい。
婦人服などではもっと大きい3〜4cmクラスも使ったりするのかも
ですが紳士ものではやはりありえない。でも企画した人に拍手だ。

3

紅白のテロップ

紅白歌合戦のテロップ書体。
2011年もTV用筑紫明朝。
うれしいし、ありがたい。
この筑紫明朝の仮名の書風は、2大潮流の
「築地体」
「秀英体」
と「教科書体」
それに私という形がブレンドされたものと表現すると近いと思う。
築地から柔らかな優しさを
秀英から剛直な逞しさを
教科書体から明瞭さを
そして伸びやかな美しさを求めたのでした。

紅白とは関係がありませんがこのテロップはTV用ではない筑紫明朝のようだ。
ウエイトは紅白のものより太いが漢字の横画が細く消えそうだ。