フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

FIAT500のルームミラー変更

これを入手したのでした。
今週は物欲旺盛だ。
Photo


2


3


これが今までの純正品。
4


6


5


新しいのは車内からだとこんな感じ。
65


外からの見え方比較です。
9


66

満足度50%くらい。今ひとつクロームメッキの質感が不足しています。
(部分部分でスチールのざらつきがメックでぽってり埋まってない)
作りも細部が雑。メッキ部分の面がゆらゆらしすぎ。

開いてるお口の中の銀歯が見えている感じなのだ。
外から見はダークに見えてた方が室内がすっきりしていてた。

今週の3品はともに「一見」にいいんだけど……
気分的になんか微妙ということになってしまった。
こういう週もあるさ。

2012年2月23日 (木)

ジノリ、イタリアンフルーツ しかし

2客ジノリのマグカップが届いた。
形が湯のみみたいです。
Photo


こちらはすでに持ってたモーニングカップ
シェープされたラインが綺麗です。
2

プルーンの違い
モーニングは葉の筋が細くきれいです。
マグのほうは葉の筋が太く荒く汚いです。
3


4


花も同じですね。
8


7


決定的なのはマーク
モーニングのドッチア窯の刻印か
マグの中国の刻印かでは差があって当然かもですね。
6


5_2


マグの方は取っても微妙に色気がありません。
10


2012年2月21日 (火)

ブルゾン届く、が?

会社から帰宅するとラルフのハウンドトゥース柄
ブルゾンが届いていた。
メンズ物として出ていたもの。
袋の中へ手でつかんだ瞬間、あああ。
この触り心地。厚みがある。かかか肩に
パッドが入ってる。女性物やん。

とりあえず着てみる。

Photo

身幅、肩幅、着丈、裄丈も問題ないのだが、3つのポケットの幅が皆小さいのだ。
ラルフローレン、サイズ「10」とある。米国女性サイズMになる。日本女性に当ては
めると13号になるものを私は着ているのだ。なんだか気分が優れない。

2012年2月20日 (月)

薔薇庭雪景色

1


2


午前中は雪景色。
3


午後は晴れ
4


2012年2月17日 (金)

出張にて

今週も東京出張。
筑紫書体がどれくらい使われだしているかちょっと意識してみた。
地下鉄福岡空港で
Photo
筑紫丸ゴシック

空港入り口で
2
筑紫明朝


空港待合室で
3
筑紫丸ゴシック


京急羽田空港で
4
筑紫明朝


高輪で

5
筑紫明朝


ユーザー様の所で写研の歴史を感じるものを見せていただく。
6


7


Photo


翌朝、ホテルからの眺め
Photo_2


品川駅京浜東北線ホームの薔薇花壇
1_2


ラ・フランスが咲いている。背景は山手線ホーム。
2_2


2012年2月11日 (土)

出張中で友人宅

友人宅へ来た。
私の大事な友人Z君。
リビング中央になにか異質なものが。
1


これははんことケース。
文具屋さんでおなじみのです。
2


なんでも送料込みで2000円で入手したとか。
ほぼ無目的オブジェとしてのようだ。
3


電子レンジと冷蔵庫。
同じデザインだ。
トースターも同じだった。
Z君いわく、無印良品のもので、目にさわりが無い
デザインが良いとのこと。
4


しかし、こちらはデザインが目について嫌なのだそうだ。
しかし、ご飯の出来の味にこだわったのでしかたがなかったのだそうだ。
5

目にさわりがないとか目につくとか、そっくり本文用明朝体
に置き換えて聞いてしまっていた。
なかなか興味深い事柄だった。
しかし、私にはレンジ、冷蔵庫が四角を故意に意識した素敵
なデザインで、炊飯器がありふれたデザインの目につかない
感じに見える。
見え方も人それぞれなのだと思った。

2012年2月10日 (金)

出張先にて

ここは高田馬場。
いつ来てもこのお店の
Photo


奥行きは超浅いのです。
Photo_2


夜ホテルにてPCのステレオイヤホン持参忘れで、徒歩1分の
ビックカメラで右の2,980円を1,980円のを購入。
しかしはずれ。低域が出ない。キンキンした音で聞いていて気分が悪い。
私の耳と相性が悪いのかパッドを「大」にして密閉度をあげてもだめだった。
もう一度お店へ行ってクラシック向きとうたい文句の左の1,280円を1,080円
のを購入。当たりだった。あーあやっぱり気分がいい。
インナーステレオイヤホンの音は値段より耳の形にピタッとするかどうかのようだ。
Photo_3


2012年2月 4日 (土)

靴修理、FIAT500とイタリアンパン屋

本日、2つ隣の市のイオンに行く。
チョコカラーのウールスラックス探しに。
やはり無い。気に入ったのが。

店内を歩いていると、このお気に入りの靴の異変に気付く。

1


靴の左サイド、ソールが分離……底が剥がれかけている。
店内10メートル先にあった靴修理屋さんにお願いして貼り付けていただく。

2

通常の修理でないのでお金はいらないとのこと。感謝です。
お礼に今度から通勤用の皮底靴の滑り止めゴム張りはここに来ようかと思います。


お店のかたいわく、クラークスは履き心地フィッテイングを良くするために
ステッチが意味飾りだったりします。底はわりと剥がれやすいそうです。

3


帰り道、信号停止でこのお店の看板が気になった。
すると運転手のかみさんはさっさとハンドルを駐車場へと……。

1_2


この書体は「スキップ」でした。「タ」の字を見て、この書体を作った
ころから私はテンの角度を水平気味にし始めたんだろうかと?ふと思った。

2_2


駐車する。

3_3


500とイタリアカラーだ。

4