フォトアルバム
Powered by Six Apart

2012年9月24日 (月)

PCの上を2000GTからチンクへ変更

500

500jala_2

2012年9月23日 (日)

FIAT500シール経年劣化

3年過ぎるとシールはこうなってくる。

好きなロゴだったんだが。
500
旧チンクで叔父宅へ行く。
叔父は84歳。いっしょにお茶を飲んだ。
Photo_12

やっぱりへんな猫

寝ているのか立っているのか?

Photo_11
D
なんかやっぱりへん。
C
B
Photo_13
Img_2011

9月の薔薇

ロドリーオベロン

Photo
2
3
ルドゥテ
1
Photo_2
メアリー・ローズ
Photo_3
ボレロ
Photo_4
エリザ・ボエル
Photo_5
セレスムルティフローラ
Photo_6
シンベリン
120923_2
ノバ・ザンブラ
Photo_7
クナイプ
1_2
2_2
ジェームズ・ギャルウェイ
Photo_8
ヴェルシー二
120923_3
アルウィックキャッスル
Photo_9
アニエス・シリジュエル
120923a
アウェイクニング
Photo_10
フランシス・デュブリュイ
120923a_3

2012年8月27日 (月)

8月の開花薔薇

キャスリン・モーレ

Photo_9

ピエールドゥロンサール
120826

フライヤー
Photo_10

ジュビリーセレブレーション
Photo_11

アンブリッジローズ
Photo_12

ワイフオブバス
Photo_13

ライラックローズ
Photo_15

サマーソング
Photo_17
????
Photo_19

ジェームズ・ギャルウェイ
120826_2

セバスチャンクナイプ
120826_3

ティプシー・インペリアル・コキュンバイン
Photo_20

グラハム・トーマス
Photo_21

メアリー・ローズ
Photo_22

クラウン・プリンセス・マルガリータ
120826_4

ローズ・ポンパドール
Photo_23
231

パット・オースチン
120826_5

ノヴァ・ザンブラ
120825

ルドゥテ
120826_6

会社での急須を変更。

会社で茶を楽しむときのポットを変更。

ピンクからイエローへ
どちらもリチャードジノリ
Photo_8

5本タイプのペンケースが届く。

3本でなく5本まとめて入る物を購入。

本革製。黒が350円、マロンが150円で買えた。
いい感じだ。
Photo_2 Photo_3 Photo_6Photo_7

胴長の猫だった

猫が育ってきた。

しかし、ずんぐりなスタイルを期待していたが
見ての通り胴長の細い猫になってしまった。
Photo

2012年7月31日 (火)

毎朝の薔薇への灌水

梅雨が終わり連日かんかん照り。
毎朝の潅水は必須となる。
薔薇はほとんど灌水だけの放置状態。
盆休みにはなんとかしようと決意。

グルス・アン・アーヒェン

120730


スタンウェル・パーペチュアル

120730_2


メアリー・ローズ

120730_3


ジュビリー・セレブレーション

1207301


1207302


クレシダ

120730_4


アブラハム・ダービー

120730_5


2012年7月23日 (月)

磁器コレクション

スージークーパー ドレスデン
柔らかで女性的な独特な個性。
日本でのブームから17年。
いいなーと思ってから10年くらいか。
軽やかなタッチが格式張らなくて良い感じだ。

Photo_3


絵柄

2_2


ファーステンバーグ ピンクローズ
形的にマイセンのピンクローズの方がゴージャスだ。
薔薇の濃淡のみハンドメイド的に感じる。
ただピンクの薔薇は主要なメーカーからだいたい出ている。
そのなかでも質素なかわいらしさで気に入っている。

1


絵柄
Photo_4


ファーステンバーグ 染め付け
ハンドメイド染め付けのマイセンブルーオニオンや
ロイヤルコペンハーゲンのフルレースには洗練度は
及ばないが楽しい絵柄だと思っている。
18世紀のものはハンドメイドでこの20世紀ものは
印刷と思われる。あまり見ない絵柄は気に入っている。

1_2


絵柄

2_3